雑記/考察

コンバートで活躍した選手たち(内野手→外野手)


IMG_0998

俊足を活かす


内野から外野へのコンバートは俊足を活かす場合や、送球面などで内野では守備に不安のあった場合などが多いです。

黄金期では秋山幸二選手がもともとサードでレギュラーを獲得したものの、強肩と俊足を活かすために外野にコンバートされました。
打撃や走塁面での活躍はもちろんですが、外野手として歴代2位となるゴールデングラブ賞12回を獲得している事から大成功のコンバートだったと言えるのではないでしょうか。

現コーチの赤田将吾選手も入団時は次世代のセカンド候補として期待されましたが、入団2年目に外野にコンバートされました。
タイトルの獲得などはありませんが2004年にはレギュラーに定着して初の規定打席に到達し、チームの12年振りの日本一に貢献しています。

現役では金子侑司選手が大学時代には内野手でしたがルーキーイヤーは外野と併用され、後に外野手に専念となりました。
もともと外野経験はほとんど無かったため当初は守備面に不安がありましたが、徐々に俊足を活かした好守を見せるようになり、一昨年はレフトでゴールデングラブ級の活躍を見せました。
ただし昨年はセンターとして拙守を見せる場面もありましたので、今年はセンターの守備にも慣れると同時に3回目の盗塁王獲得にも期待したいところです。

また外崎修汰選手ももともとは内野手でしたが、源田選手の加入の影響もあり2017年に外野に挑戦しレギュラーに定着しました。
しかし浅村選手のFA移籍後の2019年からはセカンドのレギュラーとなり、内外野をハイレベルで守れるユーティリティプレイヤーとして活躍しています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

コンバートで活躍した選手たち(捕手→野手)


IMG_0992

打力を活かす


過去に捕手から内野手、外野手にコンバートされた選手は比較的多いと思います。
コンバートの理由は打力を活かすためが多いですが、伊東勤選手という高い壁があった影響もあったのではないかと思います。

古くは伊東選手と同期入団の金森英治選手も入団時は捕手でした。
2年目に外野手に転向するとベストナインを1回獲得するなど活躍を見せました。
しかし金森選手と言えばやはり死球の多さが特徴で、インコースの厳しいところに来ると大袈裟に声をあげて倒れ込むなどしており、カープの達川選手と同様に珍プレーの常連でした。

垣内哲也選手は入団3年目に外野手に転向しています。
1996年には28本塁打を放ち4番候補として期待されますが、以降は伸び悩みレギュラー定着には至りませんでした。

高木大成選手はルーキーイヤーは伊東選手の後継者として捕手として英才教育を受けていましたが、2年目からはファーストにコンバートされました。
結果的にコンバートにより打撃力も更に向上し、走攻守三拍子揃った選手として東尾監督時代のパリーグ連覇に貢献しました。

和田一浩選手も次世代の正捕手として期待されていましたが、入団6年目に伊原監督が就任した際に外野手にコンバートされました。
するとその年に自身初の規定打席に到達するなど打撃成績が大幅に向上し、以降もクリーンアップとしてチームを支えました。
極端なオープンスタンスから擦ったような打球がスタンドインするなど、独特な打撃技術を持ち合わせた選手でした。

G.G.佐藤選手は入団時の登録は捕手だったものの1試合も捕手として試合出場する事は無く、入団2年目は内野手、3年目には外野手登録となりました。
そして4年目からはクリーンアップを打つようになり、お立ち台での独特なヒーローインタビューでファンの人気を博しました。
しかしマイナーリーグを経験して金銭面でシビアだったため毎年のように契約更改で揉めていたためか、不振と故障で出場機会が減るとあっさり自由契約になってしまった印象があります。
またオリンピックに出場した際に不慣れなレフトで致命的なエラーを連発してしまったため、他球団のファンからはエラーの印象のみが強くなってしまった不遇の選手でもあります。

スワローズからトレードで移籍してきた米野智人選手は正捕手争いを勝ち抜けず、移籍3年目に外野手にすると外野手に転向しました。
その年のホークス戦9回2死満塁の場面で抑えのファルケンボーグ投手から逆転満塁ホームランを放った試合は今でもファンの語り種になっています。

他にも野手や指名打者としての出場が多かった犬伏稔昌選手は捕手登録でしたし、貝塚政秀選手上本達之選手は捕手との併用でした。

現役では駒月仁人選手がプロ入り後に外野手に転向したものの、入団6年目に捕手に再転向しています。
また育成の中熊大智選手は昨年はファースト起用がメインでしたが捕手として勝負したいようですので、今年は捕手として経験を積んで欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


コンバートで活躍した選手たち(投手→野手)


IMG_0984

コンバート


今年のキャンプでは出場機会を増やすために山野辺翔選手が外野に、佐藤龍世選手がセカンドに挑戦しています。
両選手は本来のメインポジションは変えずに複数ポジションを守れるようにトレーニングを積んでいますが、過去には本格的に守備位置を変更して成功した選手達もいます。
今回はその中で投手から打者に転向した選手達を挙げてみました。

入団時に転向


アマチュア時代は投手だったもののドラフトは野手として指名された選手の代表格は現2軍監督の松井稼頭央選手です。
打撃面では1年目からファームで通用したもののショートの守備や走塁面は素人同然と言われ苦労したようです。
しかし努力の末に強肩を活かした守備が魅力の名ショートに成長し、打撃面でもトリプルスリーを記録し通算2000本安打も達成しました。
とにかく華のある選手で真のスターと呼べる選手だったと思います。

現外野守備走塁コーチの小関竜也選手も高校時代もエース投手でした。
プロ入り後は入団4年目で新人王を獲得するなど派手さはありませんでしたが堅守と巧打でチームを支えた選手でした。

現ジャイアンツの中島裕之選手も高校時代は投手でしたが、2年生までは野手だったため生粋の投手という訳では無かったのかなと思います。

入団後に転向


プロ入り後も最初は投手としてプレーしていたものの途中で野手転向した選手としては宮地克彦選手が挙げられます。
ルーキーイヤーには高卒ながらも1軍の秘密兵器として期待されていましたが、変則的な投球フォームがボークを取られてから調子を崩し、4年目から外野手に転向しました。
転向後もなかなか結果を残せませんでしたが2002年の伊原監督時代に日替わり3番打者の1人として主に右投手が相手の時に起用され、リーグ優勝に貢献しました。
ライオンズを戦力外になった後はトライアウトを経てホークスに入団すると、2005年にはベストナインを獲得する活躍を見せてリストラの星と呼ばれました。

現役では木村文紀選手もドラフト1位指名された投手でした。
150km/hを超える速球を武器に1軍でも勝利を挙げましたが、腰痛の影響で入団6年目のシーズン途中に野手転向しています。
ライトのほぼレギュラーとして出場していますが身体能力の高さを考えると物足りない成績ですので、今年はライバルの若手外野手に負けない活躍を見せて欲しいです。

また川越誠司選手もドラフト2位で指名された投手でした。
しかし1軍での登板を果たせないまま入団4年目から野手に転向しています。
昨年は1軍初出場、更には初ホームランを記録しましたが、大卒のため中堅に差し掛かる年齢ですので、今シーズンは大きく飛躍して結果を残したいところです。
なお大学時代は二刀流で他球団は野手として評価していたようですので、入団時から野手としてプレーした場合はどのような選手になっていたのか気になるところではあります。

なお大石達也2軍投手コーチは、現役時代に右肩痛で結果を出せなかった時期に野手転向の打診を断り、引退まで投手に専念したというエピソードもあります。

他球団


余談として、もちろん他球団でも投手から野手に転向して活躍した選手たちは大勢いますが、その中で異色なのが元ベイスターズの金城龍彦選手です。
​�​松井選手や小関選手のように高卒で野手として指名されるケースは多々ありますが、金城選手は社会人で投手として4年プレーした後に野手として指名されました。

1年目はほとんど2軍暮らしでしたが、2年目に一気にブレイクして新人王首位打者を同時受賞するという快挙を成し遂げました。
社会人時代はほとんど打席に立った事もないだけに、どのようなスカウト活動を行なっていたのか非常に興味があります。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

ライオンズのユーティリティプレイヤー


IMG_0976

内外野を守れる便利屋


本職は内野手の山野辺翔選手が出場機会を増やすために外野にも挑戦しています。
野球人生で初めての外野との事で敗走しながらのキャッチに苦戦しているようです。

ライオンズの内外野を守れるユーティリティプレイヤーを振り返ってみると、まずは黄金時代の笘篠誠治選手が挙げられます。
元々は内野手だったもののプロ入り後に外野にも挑戦し、辻選手が故障した際のセカンドやレギュラーが固定されていなかったレフトで出場していました。
規定打席に到達した事はないもののチームに欠かせないバイプレイヤーでした。

東尾監督時代のユーティリティプレイヤーといえば原井和也選手です。
原井選手も元々内野手でプロ入り後に外野にも挑戦しました。
東尾監督と同じ和歌山出身という事でスタメン起用されると贔屓起用などと揶揄されていましたが、内外野守れる器用さから監督も使いやすかったのだと思いますし、当時はユーティリティプレイヤーに対するファンの評価が低かったのかもしれません。

他には内野の複数ポジションを守れるスペシャリストや金子侑司選手のように内野手から完全に外野手に転向した選手はいたものの、内外野を守れて1軍で結果を残した選手は名前が出て来ない気がします。

一方で現役では3人のユーティリティプレイヤーがいます。
外崎修汰選手は元々内野手でしたが外野も標準以上に守れるようになり、打撃面でもチームの主軸としてレギュラーに定着した稀有な選手です。
スパンジェンバーグ選手は本職は内野で外野守備には難があるものの、チーム事情もあり昨年は内外野どちらでも多くの試合で起用されました。
熊代聖人選手は元々外野手でしたがファームの野手不足等で内野でも起用され始め、複数ポジションで標準レベルで守れるようになった珍しいケースです。
内外野の守備要員が1人で賄えるためチームとしては非常にありがたい存在だと思います。

ユーティリティプレイヤーが増えたという事はチームとしての需要が増しているという事かもしれませんが、逆に言うと山野辺選手が出場機会を増やすために外野に挑戦したとしてもライバルは多い状況です。
まずは熊代選手のような便利屋から出場機会を得たいとの事ですが同タイプはベンチに2人置く事は無いと思いますので、ポジションに関わらず一気にレギュラー獲りを狙って欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

下位指名ながらも活躍を期待されるドラフト6位指名選手たち

IMG_0958

期待の選手たち


A班キャンプに参加しているドラフト6位ルーキーのブランドン選手が攻守で良いところを見せており、気が早いですが今シーズン中の1軍デビューも十分にあるように思えます。
ここ数年のドラフト6位指名選手を見返してみると下位指名ながらも既に1軍で実績を残していたり、近い将来の飛躍が期待できる選手達が揃っていました。

2014年は5位指名までだったためその翌年から見てみると、2015年のドラフト6位指名選手は本田圭佑投手でした。
当初は名前先行でしたが2019年には先発として6勝を挙げています。
昨年は不調だったものの先日のフリー打撃ではドラフト1位ルーキーの渡部健人選手を柵越え無しに抑えましたので、今シーズンの巻き返しに期待したい選手です。

2016年のドラフト6位は田村伊知郎投手でした。
一昨年までは結果を残せませんでしたが昨年は主に敗戦処理として31試合に登板し、地味ながらもチームに欠かせない存在となりました。
キャンプ初日のブルペンの状態は非常に良かったようですので、今年は僅差のビハインド時や同点など、少しずつ重要な場面での起用が増えてくるかもしれません。

2017年のドラフト6位は綱島龍生選手でした。
まだ1軍出場はありませんが昨年は打撃が向上し、9月は打率.300でOPS.749、10月は試合数が少ないものの打率.409でOPS1.116と好成績を残しました。
今年も継続して結果を出し続ければ今季中の1軍デビューもあり得るかもしれません。

2018年のドラフト6位は森脇亮介投手でした。
ルーキーイヤーは不安定だったものの、昨年はシーズン途中からセットアッパーに定着し抜群の安定感を誇りました。
今シーズンも勝ちパターンの一角として期待しています。

2019年のドラフト6位は井上広輝投手でした。
昨年は主に3軍での育成中心でファームでの登板は2試合のみでしたが、フェニックスリーグでは快投を見せ、春季キャンプはA班メンバー入りしています。
もともと怪我が無ければ上位指名候補でしたので、近い将来に1軍ローテーション入りしてくれる事を期待しています。

そしてブランドン選手は大学時代は地方リーグながらも圧倒的な成績を残していましたので、プロの投手のボールに慣れてくれば将来のレギュラー獲りも狙えるのではと思います。

総括


現役では守備代走要員だけでなくムードメーカーでもある熊代聖人選手や第3捕手の岡田雅利選手もドラフト6位指名で、指名順位の割に活躍している選手が多い印象です。
またここ2年は井上投手、ブランドン選手とスケール感の大きい選手を指名しています。

ライオンズは偶数年のドラフト3位野手は大成するというジンクスが有名ですが、数年後にはドラフト6位指名選手は活躍すると言われるよう各選手の飛躍に期待したいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村



スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。