選手情報

平良投手と平井投手が先発挑戦を直訴


IMG_0782

先発転向?


平良投手平井投手が先発挑戦を直訴しているようです。

平良投手は今シーズン開幕前も先発転向を直訴するも結果を残せずリリーフでの起用となりましたが、結果的にセットアッパーとして定着してリーグ最多タイの54試合に登板し、リーグ2位の33ホールドを記録しました。
シーズン終盤には変化球をうまく使えるようになってきていたため、スタミナ面の問題が無ければ剛腕の先発投手としてエース級の活躍をする可能性はあると思います。
ただし仮に増田投手がFA移籍となってしまった場合、現在の投手陣で最もクローザーの適性があるのは平良と思いますので起用法に影響が出るかもしれません。

入団以来リリーフ起用され昨シーズンは81試合に登板した平井投手ですが、今シーズンはローテーションの谷間で4試合の先発を経験しました。
もともとロングリリーフでの起用も多く初先発時には快投を見せてくれましたので、ある程度の先発適性はあるのではないかと思います。
そのためキャンプから先発として調整をを続ければローテーション入りも見えてくるのではないでしょうか。

今シーズンは先発不足に悩まされたため、平良投手と平井投手の先発起用は面白いと思います。
ただし一方で今年大幅に改善されたリリーフ陣が手薄になる課題もあります。
去就が未定の増田投手に加えて、リード時や同点時は森脇投手、宮川投手、ギャレット投手、小川投手、ロングリリーフ候補は田村投手などの名前が浮かびますが、それに続く新たな選手の台頭が無ければ投手起用が難しくなってしまいそうです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村



小川投手左肘を手術


IMG_0755

左肘鏡視下関節形成術


小川龍也投手左肘鏡視下関節形成術を受けた事が発表されました。

全治は未定との事ですが来年開幕までの実戦復帰を目指すとの事です。
今シーズンは1軍で戦力となった唯一と言っていいリリーフ左腕のため離脱は痛いですが、無理に開幕に合わせる事なくじっくりとリハビリに取り組んで欲しいです。

来シーズンの左腕陣容


小川投手か開幕に間に合わなかった場合リリーフ左腕が更に手薄になります。

浜屋投手は開幕から先発候補になるでしょうし、ベテランの内海投手、榎田投手も基本的に先発要員です。
ノリン投手の去就は未定ですが自由契約になった場合も新外国人投手の候補はリリーフ左腕ではなく先発投手になると思います。

育成の東野投手はまだ時間がかかりそうで、新人の佐々木投手は先発とリリーフどちらで起用されるか未定ですし、素材型のため1年目から1軍でバリバリ活躍とはいかない可能性もあります。
そのため佐野投手の故障からの復帰、武隈投手の復活、齊藤投手の成長がなければシーズン序盤はリリーフ左腕が壊滅的な状態になってしまいます。

パリーグには左の強打者が多いですが左腕だから抑えられるという訳ではないため、割り切って力のある右腕をぶつけるという起用法もあると思います。
ただしそれでも左腕は重宝されるためトライアウトなどでまだ戦力になると判断された選手がいれば獲得に動くのではないでしょうか。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。