チーム/選手情報

外崎選手と粟津投手の手術が終了


IMG_1178

外崎選手


外崎修汰選手が左腓骨骨折の固定手術を行いました。
今後は3ヶ月以内での実戦復帰が目標になるようです。

前半戦での復帰は絶望的となりチームとしては厳しい状況だと思います。
しかし焦って復帰を目指して状態を悪化させたり調子を崩したりしては元も子もないため、じっくりと万全な状態に戻した上で後半戦で暴れ回って欲しいです。
復帰までの期間は若手やスパンジェンバーグ選手が穴を埋めてくれる事を期待します。

粟津投手


粟津凱士投手は右肘のトミージョン手術を行いました。
当初は保存療法を選択していましたが最終的に手術に踏み切ったようです。

復帰まで1年以上を要するためオフには育成契約に切り替えられるのではと思います。
ライオンズでは與座海人投手もトミージョン手術を受け育成契約になった前例があります。
昨年は支配下登録に戻り1軍で先発勝利を挙げていますので、復帰までのノウハウもあるでしょうし與座投手からアドバイスも貰えるのではと思います。

粟津投手にとっては苦しく悔しい期間になるとは思いますが、まずは下半身強化など可能な範囲でのトレーニングに取り組み、実践復帰時にはレベルアップした姿を見せて欲しいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです



BCリーグで出井投手が初先発


IMG_1170

勝敗つかず


10日のBCリーグ栃木戦で武蔵ヒートベアーズに派遣中の出井敏博投手が初先発しました。
6回4失点でリードを保ったまま降板しましたが、チームが一旦逆転を許したため勝敗はつきませんでした。

自責点は1ながら安打を7本許しており3イニングで先頭打者を出したのは課題でしょうか。
また6回に味方のエラーで満塁とした後、サードゴロの間に1点を許したのは仕方ないですが次の打者に3塁打を打たれたのは余計でした。
ただし四球は出さずに6回を80球で終えたのは良かったと思います。

守備力もNPBより劣るため本来はアウトにできる打球が安打になった可能性はあります。
ただし相手打者の打撃力もNPBよりはレベルが落ちる打者が多いと思いますので、もう少し圧倒できるような投球内容を期待したいです。

現状に派遣期間は5月までとなっていますので、その間にできるだけ多くの登板機会を掴んで成長してきて欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです



山野辺選手が指の故障で登録抹消


IMG_1166

セカンド穴を埋めるのは?


山野辺翔選手が登録抹消されました。
6日の試合でヘッドスライディングした際に指を痛めており、その痛みが引かないため登録を抹消してリハビリを行っていくようです。
ヘッドスライディングは気持ちがこもっている反面、やはり危険も伴うプレーであると痛感してしまいました。
翌日以降も試合に出場していただけに大怪我では無いと思いますが、無理をして悪化させていないかが心配です。

しかしこれで外崎修汰選手の故障離脱の後に山野辺選手が埋めていたセカンドのポジションがまた空いてしまう事になります。
緊急的な抹消で代わりになる選手が登録されておらず、またファームの選手が1軍で即セカンドのレギュラーというのも難しいため、当面は現状の1軍メンバーは起用されると思います。

候補としては呉念庭選手山田遥楓選手や今年からセカンドにも挑戦している佐藤龍世選手になるでしょうか。
仮に呉選手がセカンド起用された場合のファーストも山田選手、佐藤選手が候補となり、渡部健人選手はまだファーストの守備は不安が残るのではと思います。
また山野辺選手の復帰も長引いてしまうようであれば、外国人選手合流後はスパンジェンバーグ選手の起用もあり得るかもしれません。
ただし外崎選手はもちろん昨年からセカンドの出場機会を得ていた山野辺選手と比べると、ショートの源田壮亮選手との連携を含めた守備力は低下してしまうのではと思います。
そのため守備はある程度仕方がないとして、打撃面でアピールして欲しいところです。

山野辺選手は昨日まで試合に出てたとは言え、開幕後の各カードで故障者が出るという異常事態となっています。
これ以上の故障者は防いで欲しいのはもちろん、故障者には無理はせずとも早めの復帰を願いたいですが、まずは現状のメンバーで一丸となって苦難を乗り切って欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


渡部選手と綱島選手が初の1軍昇格

IMG_1144

緊急昇格


渡部健人選手綱島龍生選手が初の1軍昇格を果たしました。

ドラフト1位の渡部選手は教育リーグまではまだプロの投手に苦戦している印象でした。
しかしイースタンリーグ開幕後はホームランを量産し始め、現時点でリーグトップの4本塁打を放っています。
ただしまだ打撃の確実性などには課題がありサードの守備も鍛える必要がありそうです。
今日の試合では早速DHでスタメン起用されたようですので、どのようなバッティングを見せてくれるのか注目したいです。

綱島選手は4年目で初の1軍昇格となりました。
昨年後半から打撃面で大きく成長し、今シーズンもまだ試合数は少ないながらも打率.444、長打率1.000という好成績を収めています。
しかし離脱した外崎選手が守っていたセカンドが主戦場とは言え守備面ではまだまだミスが多く1軍の試合で起用するのは厳しいように思えます。

両選手共におそらくお試し的な昇格で、8日に先発予定の上間永遠投手や足の張りが取れた栗山巧選手が登録されるタイミングで抹消されるのではないかと思っています。
その間にどれだけチャンスを貰えるかは試合展開次第と思いますが、そのチャンスを活かして欲しいのはもちろん、打てなくても何かしらの収穫を得て欲しいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです



BCリーグ開幕戦に出井投手が登板


IMG_1141

リリーフ登板


3日にルートインBCリーグが開幕しました。

武蔵ヒートベアーズに派遣中の出井敏博投手も開幕戦にリリーフ登板して、四球でランナーは出したものの1回を無失点に抑えました。
投球マップを見ると全球低めに投げていましたがバラつきがありボール球も多かったようです。

捕手のリードもあると思いますが打たせて取るタイプのためストライク先行で投げられるようになる必要があると思います。

イースタンリーグは変則的な日程ですし先発もリリーフも試合で投げさせたい投手が多いため、出井投手にとっては現状はBCリーグの方が登板機会が増えるかもしれません。
ただし球団としては先発として期待していると思いますが、武蔵のチーム事情もあると思いますので、今後どれだけ先発として起用されるかはきになるところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです



スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。