ストーブリーグ

11/24契約更改情報


IMG_0781


5選手が更改


牧野選手:現状維持
高卒2年目となる今季は6月に手術をした影響でファームで22試合の出場となりました。
捕手という時間にかかるポジションのため、まずは出場機会を増やして経験を積む事でファームの主戦捕手の座を勝ち取って欲しいです。

山田選手:現状維持
ファームでは62試合に出場してある程度の結果は残しましたが1軍では8試合の出場に留まりました。
1軍で主にサードの選手が不足している状況でも呼ばれなかったため、首脳陣としては何か物足りない部分や欠点を感じているのかもしれません。
ホークスの松田選手のフォーム等を真似て手応えを感じているようですが、100%自分に合っているとも限らないため、1軍で結果を残せるよう自分の形に作り変えていく必要もあるかもしれません。
元気ものでムードメーカーでもあるため1軍に定着して盛り上げる存在になって欲しいです。

綱島選手:現状維持
ファームで44試合に出場しました。
高卒同期の平良投手が1軍のセットアッパーとして活躍し、西川選手は初ヒット、高木選手は初ヒットとホームランを記録する中で、今年も1軍出場無しで終えました。
しかしシーズン後半から打撃が飛躍的に向上してきましたので、自主トレやキャンプでさらに成長できれば来シーズンは初の1軍昇格が見えてくるのではないでしょうか。

高木選手:180万UP
先に触れたように1軍で12試合に出場して初安打を記録し、2本のホームランを放ちました。
しかし波に乗りかけた矢先に怪我で離脱して、復帰後は露呈して結果を残せませんでした。
その後もイースタンリーグ終盤戦から現在開催中のフェニックスリーグまで復調できない状態が続いていますが、この経験を糧として殻を破り大きく飛躍して欲しいです。

齊藤(誠)選手:現状維持
ファームで33試合に出場し、1軍登録もされましたが出場はありませんでした。
強肩という武器はありますがファームでも打率1割にも満たなかった打撃が課題です。
今シーズンの1軍捕手陣はほぼ固定されていましたが、まずは故障があった場合などの第三捕手候補となるよう打撃をレベルアップさせて欲しいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村



契約更改スタート


IMG_0294

若手選手から更改開始


23日からライオンズの契約更改が開始しました。

渡邉投手:現状維持
2年目の今シーズンはイースタンリーグでも4試合の登板に留まり現状維持となりました。
渡辺GMのコメントにもあるように今年は1年ファームで投げてスタミナをつけていく計画だったようですが故障等で遅れているため、まずは怪我をしない身体作りをして欲しいです。
1月には尊敬する内海投手の自主トレに参加するとの事ですので身体作りや投球術など多くの事を学んで欲しいです。

中塚投手:20万UP
1軍で6試合の登板でしたが昇給となりました。
ノリン投手が緊急降板した試合で急遽登板して試合を作った事などが評価されたのかもしれません。
投げるボール自体はある程度通用する手応えは感じたかもしれませんので、後は入団当初からの課題である制球力を向上させたいところです。

東野投手:現状維持
今シーズンはファームで11試合に登板しました。
本人もコメントしているように課題はやはりコントロールです。
来シーズンはひとつの区切りとなる育成3年目ですが、左打者のインコースと外に逃げるスライダーの習得という明確な課題を掲げているようですので、手薄な左腕として育成契約を勝ち取れるよう飛躍して欲しいです。

大窪投手:現状維持
ファームで6試合の登板となりました。
3軍制となり練習量が増え成長が実感できたとのコメントを出しており、今年からスタートした3軍も一定の効果があった事が伺えます。
またオフではウエートを中心に鍛えて体重を3、4kg増やす目標との事です。
筋肉量を増やす事が必ずしも良い事とは言えませんが、198cmの長身に対して身体の強さが課題のようですので、軸が安定する事で制球力向上に繋がるかもしれません。

中熊選手:現状維持
ファームで56試合に出場し打率.295を記録するなど打撃面で大きく飛躍しました。
このオフでの支配下登録は無さそうですので、トライアウトやFAでの補強がまだあるかもしれません。
今シーズンはファーストでの出場が多かったですが本職のキャッチャーは続けるようですので、複数ポジションをこなしつつ来シーズンも打撃でアピールを続けられればシーズン中の支配下登録も見えてくるのではないでしょうか。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村



FA有資格者公示


IMG_0758

FA有資格者名簿


本日FA有資格者の名簿が公示されました。


ライオンズでは国内FAは増田投手、松坂投手、金子選手、熊代選手、海外FAは内海投手、栗山選手が有資格者となります。

このうち金子選手は複数年契約を結んでおり、栗山選手も残留を公言しています。
またベテランの松坂投手、内海投手も宣言という事は無いでしょう。

やはり注目は抑えの増田投手です。
昨シーズンオフに複数年を断り単年契約を結んでおり、阪神やオリックスなどが興味を示しているという報道があります。
球団としては複数年契約を提示して残留交渉をする方針ですが、増田投手は期限ギリギリまで熟考する方針との事です。
ファンとしてはまた胃の痛む日々になりそうですが、来シーズン以降もライオンズの守護神として君臨してくれる事を願うばかりです。

熊代選手については現状特に報道はないですが宣言はない気はします。
ただし過去には許銘傑投手が現役時代にノーマーク状態からFA移籍した事もありましたので、球団には誠意ある対応をして欲しいです。

他球団のFA有資格者


今シーズンオフは他球団の年俸Cランクの投手がFA宣言するという報道もあります。
ドラフトでは即戦力投手の獲得がほとんどなかっただけに、仮に現有戦力以上に戦力として期待できる投手がFA宣言した場合は獲得に動いて欲しいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村



スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。