ストーブリーグ

11/26契約更改情報:規定打席到達の呉選手は約3倍増


IMG_1924

契約更改


26日は11選手が契約更改を行いました。
※金額はメディアによる推測です。

呉念庭選手
:1620万UP
故障者続出で得たチャンスで結果を残してスタメンに定着すると初の規定打席に到達し約3倍増の大幅アップを勝ち取りました。
ただし後半戦は失速したため来年は1年を通して活躍しレギュラーを奪取して欲しいです。

西川愛也選手:50万UP
開幕スタメンの座を獲得したもののシーズン無安打に終わりました。
ただしフォームを改造し2軍では結果を残したため来年はレギュラー争いに加わって欲しいです。

高木渉選手:50万DOWN
開幕直後の絶好調時に故障した不運もありましたが1軍定着はなりませんでした。
パワーは魅力なため打撃の確実性を上げたいところです。

川野涼多選手:現状維持
期待されたものの若干伸び悩んでしまいました。
若手内野手増えてきましたが競争を制して1軍デビューを果たしたいところです。

戸川大輔選手:20万UP
故障で出遅れたものの終盤には1軍昇格を果たしました。
しかし期待の外野手は多いため来シーズンは正念場となりそうです。

牧野翔矢選手:30万DOWN
故障の影響か実戦から離れた時期もありましたが終盤には打撃面で成長を見せました。
来シーズンは打てる捕手としてアピールし1軍昇格を果たして欲しいです。

出井敏博投手:現状維持
BCリーグへの派遣も経験しましたが安定した結果を残せませんでした。
来年は育成3年目となるだけに支配下を勝ち取れるような活躍を見せられるでしょうか。

赤上優人投手:現状維持
自慢の速球に加えて変化球でも三振を奪えるようになるなど潜在能力の高さを見せました。
課題の制球面が安定してくれば支配下登録もありそうです。

ジョセフ選手:現状維持
合同自主トレから体力不足を露呈するなどプロへの適応に苦しんだ印象です。
ただし終盤にはヒットが出始めたため来シーズンは更なる成長を見せて欲しいです。

長谷川信哉選手:現状維持
ファームでのサヨナラ打やエキシビジョンマッチでの本塁打など勝負強さを見せました。
現状維持での更改という事で現時点での支配下登録は無さそうですが首脳陣からの注目も高いためキャンプ等でアピールを続けて支配下を勝ち取って欲しいです。

豆田泰志投手:現状維持
高卒ルーキーながらもファームで先発起用されるなど実戦経験を積みました。
来シーズンはまずはファームのローテ投手として安定した結果を残したいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


2021年シーズンのスローガン決定!


IMG_0847

日本一の壁を破る


来シーズンのスローガンがBREAK ITに決定しました。
選手ひとりひとりが自分の壁を破り、チーム一丸となって日本一の壁を破るという意味が込められているようです。
今のチーム状態にピッタリのスローガンだと思いますし、ウチヤブレの文字が入っているロゴもとても良いなと思いました。

今シーズンは先発ローテーションとして期待されながらもシーズンを通して安定しなかった今井投手や、秋山選手が抜けたためチャンスを与えられるも結果を残せなかった若手外野陣など、期待されながらも伸び悩んだ若手達が多かったです。
また主力選手達も不調に陥ってしまったため、来シーズンは各選手がスローガン通りに殻を打ち破ってリーグ優勝奪回と念願の日本一を目指して欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


12/21契約更改情報


IMG_0832

松坂投手更改


松坂投手:1000万DOWN
来季の契約に合意していた松坂投手が正式に契約更改を行いました。
2006年以来のライオンズ復帰となった今季は先発として期待されるも結局公式戦登板無しに終わり大幅ダウンとなりました。
球団としてはもちろん営業面もあるでしょうが、功労者である松坂投手にもう一度メットライフドームで投げて欲しいという想いがあるのだと思います。
もちろん松坂投手も不本意なシーズンだったと思いますので、まずはしっかりとリハビリを行ってキャンプに臨んで欲しいです。

これで今シーズンも全選手が保留なしで更改を終えました。
今後の補強は新外国人選手の獲得くらいしか無いかもしれませんので、現有戦力の選手達の更なるレベルアップに期待したいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村



ゴールデングラブ賞発表


IMG_0826

鉄壁の二遊間


今シーズンのゴールデングラブ賞が発表されライオンズの誇る鉄壁の二遊間が受賞しました。

二塁手:外崎修汰選手(初受賞)
GG賞は記者投票のため守備の賞ながらも打撃を含めた印象で決まってしまう部分もあり、昨年は守備指標は良かったものの受賞は逃しましたが、今年は嬉しい初受賞となりました。
ライオンズのセカンドとしては高木浩之選手以来18年振りの受賞との事です。
今シーズンは広い守備範囲を誇りつつも失策数を激減させ、捕殺数や併殺数もリーグトップを記録するなど更に守備が安定した事により記者へのインパクトが強まったのかなと思います。
内外野守れるユーティリティプレイヤーですが外崎選手自身もセカンドに拘りがあるようですので、外野の若手野手が台頭して外崎選手がセカンドに固定できれば理想だと思います。

遊撃手:源田壮亮選手(3年連続3回目)
今年も鉄壁の守備で安定の受賞となりました。
もう敢えて説明するまでもないですが、派手なプレーだけでなく難しそうな打球をいとも簡単そうに捌く技術も素晴らしいですし、捕ってから投げるまでの早さも群を抜いています。
他球団のショートも上手い選手はいますが少し違う次元の感がありますし、記者の印象度も高いため怪我等がなければしばらくは受賞が続くのではないでしょうか。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

NPBアワード2020


IMG_0825

NPBアワード2020が開催され各賞の発表と表彰が行われました。

最優秀新人


平良海馬投手が新人王を獲得しました。
イーグルスの小深田選手との一騎打ちが予想され、投手と野手、3年目と1年目、高卒と大卒社会人と様々な要素からネットでも意見が割れどちらが受賞してもおかしくない成績でしたが、19票差の大接戦を制しました。
記者投票という事で160km/hを記録したインパクトが上回ったのかもしれません。
もちろんファンとしては平良投手の受賞は嬉しいですし、来シーズンは最多ホールドのタイトルを獲得できるくらいの活躍を期待しています。

最多セーブ


増田達至投手が初の最多セーブを獲得しました。
今シーズンは不安定な時期はあったものの、最終的に無敗で終える圧巻の内容でした。
FA宣言した上で4年契約を結びましたので、来シーズンも不動の守護神として2年連続の最多セーブ獲得を期待しています。

ベストナイン


16日に発表されたようにショートで源田壮亮選手、指名打者で栗山巧選手の新旧キャプテンが受賞しました。
両選手には来シーズンもプレーでも精神面でもチームを引っ張って行って欲しいです。

ファーム表彰


榎田大樹投手が5勝でイースタンリーグ最多勝(5人がタイ)を受賞しました。
もちろん榎田投手自身はファームでのタイトル獲得は不本意でしょうし、来シーズンは1軍での先発ローテーション入りを期待したいところです。

また鈴木将平選手が優秀選手賞を受賞しました。
しかし鈴木選手はファームでの出場試合数も少ないですし、他にインパクトのある成績を残した選手がいなかったのかなという印象です。
むしろ鈴木選手自身は1軍で結果を出し始めるも徐々に成績が下降し、更に故障でチャンスを棒に振った事を悔しく感じていると思いますので、来シーズンはまた外野のレギュラー獲得にチャレンジして欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村



スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。