歴代ベストナイン

個人的歴代ベストナイン:先発投手


IMG_1156

ルール


ライオンズの歴代選手の中からベストナインを選ぼうという完全なる個人的なお楽しみです。
選びきれないポジションもありそうですので1軍登録メンバーも選ぶ事にしつつ、一応ちょっとだけ縛りを設けてみました。
・1軍登録メンバーは特例適用前の29名
・実際にプレーを見た記憶のある選手が対象
・背番号の重複は不可(過去の背番号の選択は可)

候補選手


西鉄時代からエースとしてチームを支えたのが東尾修投手です。
さほど球速は無いもののシュートを武器に最多勝2回、最優秀防御率1回、最多奪三振1回に加え、シーズンMVP2回、ベストナイン2回、ゴールデングラブ賞2回という輝かしい成績を残しています。
歴代最多の165死球という数字が東尾投手の投球スタイルを物語っています。
ファンになった頃は晩年でしたが通算251勝の名投手は外す事はできないかと思います。

黄金期は更に郭泰源投手、渡辺久信投手、工藤公康投手など盤石な先発陣でした。
オリエンタルエキスプレスと呼ばれた郭泰源投手は主要タイトルは最高勝率2回のみですが、シーズンMVP1回、ベストナイン1回、ゴールデングラブ賞2回も獲得しています。
また通算117勝はNPBの外国人選手として歴代最多の勝ち星となっています。

現GMの渡辺久信投手最多勝3回、最多奪三振1回、最高勝率1回に加えベストナインゴールデングラブ賞も1回ずつ獲得しています。
速球派が故にベテランに差し掛かった頃から技巧派への転身に苦しんだ感はありますが、それでもNPB通算125勝を挙げています。

工藤公康投手は黄金期の左腕エースとしてライオンズ在籍時には最優秀防御率最高勝率を3回ずつに加え、シーズンMVP1回、ベストナイン2回、ゴールデングラブ賞1回を獲得しています。
複数球団を渡り歩き通算224勝を挙げ優勝請負人とも呼ばれました。

東尾監督以降にエースとして活躍したのが西口文也投手松坂大輔投手です。
西口文也投手は細身の身体ながらもキレのある速球と変化球を武器に最多勝2回、最多奪三振2回、最高勝率1回に加え沢村賞1回、シーズンMVP1回、ベストナイン2回、ゴールデングラブ賞3回を獲得しています。
通算勝利は182勝とわずかに200勝に届かなかったのが残念でした。

松坂大輔投手は高卒ながらルーキーイヤーから先発として新人王を獲得し、更に最多勝3回、最優秀防御率2回、最多奪三振4回に加え、沢村賞1回、ベストナイン3回、ゴールデングラブ賞7回を獲得しています。
日米通算170勝を挙げていますがライオンズに復帰した昨年は公式登板が無く、今シーズンにまた勝ち星を加える事ができるでしょうか。

黄金期には石井丈裕投手、渡辺智男投手もタイトルを獲得していますが、活躍した期間が短かった印象です。
また涌井秀章投手、岸孝之投手、菊池雄星投手もエースとして活躍しましたが、他球団やMLBに移籍しておりライオンズだけでの成績では少し物足りなさを感じます。

個人的ベストナイン


現時点での個人的ベストナインは西口文也選手(背番号13)を選びたいと思います。
躍動感溢れる投球フォームも格好良かったですし、実際にプレイを見ている期間でのライオンズでの実績はナンバーワンだと思っています。

他の先発投手としては東尾修投手(背番号21)、松坂大輔投手(背番号18)、郭泰源投手(背番号は入団時の12)、工藤公康投手(背番号47)、渡辺久信投手(背番号41)です。
左腕が工藤投手のみですがライオンズで長く勝也した先発左腕があまりいないのと、力のある右投手達ですので左右は関係ないと思っています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


個人的歴代ベストナイン:指名打者


IMG_1112

ルール


ライオンズの歴代選手の中からベストナインを選ぼうという完全なる個人的なお楽しみです。
選びきれないポジションもありそうですので1軍登録メンバーも選ぶ事にしつつ、一応ちょっとだけ縛りを設けてみました。
・1軍登録メンバーは特例適用前の29名
・実際にプレーを見た記憶のある選手が対象
・背番号の重複は不可(過去の背番号の選択は可)

候補選手


黄金期に指名打者として活躍したのがオレステス・デストラーデ選手です。
AKD砲の一角として本塁打王3回、打点王2回、ベストナイン3回を獲得しました。
脅威的な活躍でカリブの怪人と呼ばれる一方で、インテリ感のある見た目と弓引きガッツポーズで人気を博しました。

1997年から活躍したのがドミンゴ・マルティネス選手です。
FA移籍した清原選手の穴を埋める活躍を見せてベストナインを1回獲得しています。
チーム事情で2年のみの在籍でしたが勝負強い打撃に加えてマルちゃんの愛称も含めて忘れられない選手です。

2002年に入団したのが一塁手でも挙げたアレックス・カブレラ選手です。
ファーストとしての出場が多かったですが一応指名打者で出場した時期もあったという事で候補に含めています。
1年目から49本塁打を放つとライオンズ在籍中にシーズンMVP1回に加え、本塁打王1回、打点王1回、ベストナイン3回を獲得しました。
また2002年には当時NPBタイ記録となるシーズン55本塁打を放っています。

2014年に入団したのが現在も在籍しているエルネスト・メヒア選手です。
途中入団ながらも1年目に本塁打王ベストナインを獲得しています。

個人的ベストナイン


現時点での個人的ベストナインはアレックス・カブレラ選手(背番号は42)を選びたいと思います。
黄金期を支えたデストラーデ選手も甲乙つけがたいですが、やはり試合の流れなど関係なく粉砕してしまうカブレラ選手のパワーの方が圧倒的ではないかと考えました。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


個人的歴代ベストナイン:右翼手


IMG_1078

ルール


ライオンズの歴代選手の中からベストナインを選ぼうという完全なる個人的なお楽しみです。
選びきれないポジションもありそうですので1軍登録メンバーも選ぶ事にしつつ、一応ちょっとだけ縛りを設けてみました。
・1軍登録メンバーは特例適用前の29名
・実際にプレーを見た記憶のある選手が対象
・背番号の重複は不可(過去の背番号の選択は可)

候補選手


黄金期のライトと言えば平野謙選手でした。
ドラゴンズから移籍してきた好守強肩の選手でライオンズ在籍時にはベストナイン1回とゴールデングラブ賞6回を獲得しています。
また平野選手と言えばバントが得意でライオンズ時代にも5年連続でリーグ最多犠打を記録するなど、現時点でプロ通算犠打数は歴代2位の記録となっています。
派手さは無いものもトップバッターと強力なクリーンアップを繋ぐ2番打者としてチームに欠かせない選手でした。

1998年からレギュラーに定着したのが現コーチの小関竜也選手です。
入団4年目でレギュラーに定着し新人王を獲得すると、やはり派手さは無いもののいぶし銀の打撃と好守が持ち味で、ベストナインゴールデングラブ賞を1回ずつ獲得しました。



2007年頃からレギュラーに定着したのがG.G.佐藤選手です。
タイトル獲得は無いものの日本人離れしたパワーを持ち味に主軸として活躍し、お立ち台でのパフォーマンスでも人気を博しました。
活躍期間は短かったもののオリンピックでのエラーも含めて記録より記憶に残る選手でした。

個人的ベストナイン


現時点での個人的ベストナインは平野謙選手(背番号は24)を選びたいと思います。
黄金期に繋ぎの打撃だけでなく球界でも屈指の守備力でチームを勝利に導いた活躍が強く印象に残っています。
枠の問題で控え選手は選ばず状況によっては外崎修汰選手の外野起用や、ルーキー時代にライトを守った経験もある秋山翔吾選手の起用で補う事にしたいと思います。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


個人的歴代ベストナイン:中堅手


IMG_1059

ルール


ライオンズの歴代選手の中からベストナインを選ぼうという完全なる個人的なお楽しみです。
選びきれないポジションもありそうですので1軍登録メンバーも選ぶ事にしつつ、一応ちょっとだけ縛りを設けてみました。
・1軍登録メンバーは特例適用前の29名
・実際にプレーを見た記憶のある選手が対象
・背番号の重複は不可(過去の背番号の選択は可)

候補選手


黄金期のセンターと言えば不動の3番打者だった秋山幸二選手でした。
抜群の身体能力を誇りメジャーに最も近い男と呼ばれ、ライオンズ在籍時には本塁打王1回、盗塁王1回に加え、ベストナイン8回、ゴールデングラブ賞7回を獲得しています。
またトリプルスリー1回に加え、史上初のシーズン30本塁打50盗塁も記録しています。
世紀のトレードでホークスに移籍してしまいましたが球史に残る選手だと思います。

秋山選手とのトレードで獲得した佐々木誠選手も活躍しましたが、センターとして起用されたのは実質2年程度でした。
東尾ライオンズのセンターと言えば大友進選手でしたがやはり活躍期間は少し短かったです。
他にも柴田博之選手、赤田将吾選手、佐藤友亮選手などもセンターとして活躍しましたが、レギュラー定着には至りませんでした。

伊東監督、渡辺監督時代には栗山巧選手がレギュラーに定着して活躍しましたが、その後のレフトとしての印象が強いためレフトでベストナインに選手しています。

2011年の後半からは秋山翔吾選手がレギュラーに定着しました。
稀代のヒットメーカーとして首位打者1回、最多安打4回、ベストナイン4回、ゴールデングラブ賞6回を獲得しています。
そして2015年にはNPB記録のシーズン216安打を記録しました。
MLB移籍した2020年は特殊なシーズンだった事もあり不本意な結果に終わりましたが、今年はメジャーの舞台でもヒットを量産して欲しいです。

個人的ベストナイン


現時点での個人的ベストナインは秋山幸二選手(背番号は1)、控えとしては秋山翔吾選手(背番号は55)を選びたいと思います。
安打を打つ技術は秋山翔吾選手の方が上と思いますがやはり秋山幸二選手の長打力と盗塁数の方が強いインパクトが残っています。
ただしどちらが選ばれても遜色は無い程レベルの高いポジションだと思います。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


個人的歴代ベストナイン:左翼手


IMG_1030

ルール


ライオンズの歴代選手の中からベストナインを選ぼうという完全なる個人的なお楽しみです。
選びきれないポジションもありそうですので1軍登録メンバーも選ぶ事にしつつ、一応ちょっとだけ縛りを設けてみました。
・1軍登録メンバーは特例適用前の29名
・実際にプレーを見た記憶のある選手が対象
・背番号の重複は不可(過去の背番号の選択は可)

候補選手


黄金期のレフトはレギュラーが固定されておらず相手投手の左右によって笘篠誠治選手、吉竹春樹選手、安部理選手が日替わりで起用されていました。
これは突出した選手がいなかった事もありますが、全ポジションでレギュラーが固定されると控え選手のモチベーションが上がらないため、敢えて固定しなかったという話もあった気がします。

東尾監督時代には垣内哲也選手が主に起用されていましたが故障や不調などもあり完全なレギュラー定着はなりませんでした。

伊原監督就任後には和田一浩選手がレフトにコンバートされレギュラーに定着しました。
主に5番を打ちライオンズ在籍時には首位打者1回、最多安打1回、ベストナイン5回を獲得しています。
2007年オフにFA権を行使してドラゴンズに移籍しましたが、その後も主軸として活躍し通算2000本安打も達成しています。

和田選手の移籍後は栗山巧選手がレフトに定着しました。
これまでに最多安打1回、ベストナイン4回、ゴールデングラブ賞1回を獲得しています。
プレー面ではもちろん高いキャプテンシーと野球に取り組む姿勢で長くチームを引っ張っており、残り僅かに迫った生え抜き初の2000本安打達成にも期待がかかります。

個人的ベストナイン


現時点での個人的ベストナインは栗山巧選手(背番号は入団時の52)です。
もちろん実績自体文句無しですが、やはりライオンズの骨と牙の片割れとして外す事はできないと思います。

控えとしては和田一浩選手(背番号は入団時の22)を選びたいと思います。
勝負強い打撃は魅力的ですので代打の切り札や指名打者としても期待できるのではないでしょうか。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。