歴代外国人選手

2002年の外国人選手:日本記録に並んだ主砲と途中入団の選手達がリーグ優勝に貢献


IMG_3045

投手成績


選手名 登 板 防御率 勝 利 敗 戦 ホールド セーブ 勝 率 投球回 与四死球 奪三振 WHIP
許銘傑 20 3.65 9 7 0 0 .563 118.1 34 88
1.30
張誌家 19 2.71 10 4 0 1 .714 116.1 42 121
1.02

野手成績


選手名 試 合 打 率 安 打 本塁打 打 点 盗 塁 四 球 三 振 出塁率 OPS
カブレラ 128 .336 150 55 115
100 117 .467 1.223
マクレーン 19 .238 15 2 5 0 9 20 .333 .730
エバンス 78 .252 61 15 45 0 42 93 .378 .882

総括


​前年に二桁勝利を挙げた許投手は規定投球回に満たなかったものの9勝を挙げました。
また他球団との争奪戦を制し4月末に入団した張投手は途中入団ながらも10勝を挙げています。

野手では前年に来日1年目から驚異的なパワーを発揮したカブレラ選手は更に圧倒的な成績を残し当時の日本タイ記録となるシーズン55本塁打を放ち本塁打王に輝きました。
更に記録更新の期待もかかりましたが力みからかあと1本が出ず、最終戦は1番打者として出場したものの不発に終わりました。

一方でツインバズーカの片割れであるマクレーン選手はシーズン序盤に手首を故障し離脱となってしまいました。
しかし穴を埋めるためにシーズン中に阪神からトレードで獲得したエバンス選手が勝負強い打撃で勝利に貢献しました。

投打の外国人選手の活躍もありこの年は90勝を挙げてリーグ優勝を果たしました。
しかし日本シリーズは巨人の前に4連敗を喫しています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


2001年の外国人選手:ツインバズーカの加入とタイトルを逃した2年目投手


IMG_2774

投手成績


選手名 登 板 防御率 勝 利 敗 戦 ホールド セーブ 勝 率 投球回 与四死球 奪三振 WHIP
許銘傑 27 3.47 11 6 0 0 .647 140.0 67 67 1.46
デルトロ 14 5.59 1 1 0 0 .500 19.1 5 19 1.71

野手成績


選手名 試 合 打 率 安 打 本塁打 打 点 盗 塁 四 球 三 振 出塁率 OPS
カブレラ 139 .282 145 49 124 84 150 .385 .998
マクレーン 135 .247 119 39 87 3 78 142 .353 .902
ポール 0 --- -- -- -- -- -- -- --- ---

総括


​前年まで破壊力を欠いた打線はカブレラ選手、マクレーン選手の加入で一変しました。
ツインバズーカの相性通りにカブレラ選手は規格外のパワーを披露し、マクレーン選手もやや安定性を欠きながらも39本塁打を記録しました。
しかし近鉄打線が更に圧倒的な成績を残したため打撃タイトル獲得はなりませんでした。

なお両選手が大活躍を見せたため来日3年目となるポール選手は2年連続でイースタンリーグ三冠王を獲得しながらもこの年は1軍出場の無いままオフに退団となりました。
チーム状況によっては主力となった可能性もあるだけに巡り合わせが悪かったと思います。

投手では来日2年目の許銘傑投手が飛躍を遂げ11勝を挙げました。
しかし最終登板で5回4失点に抑えれば最優秀防御率を獲得という状況で炎上してしまい惜しくもタイトル獲得はなりませんでした。

一方でこの年加入したデルトロ投手は結果を残せず1年で退団しています。
そしてシーズンオフに母国で交通事故で急逝したためデルトロ投手の着けていた背番号32は1年間の欠番となっています。

投打の外国人選手が活躍したものの投手陣全体では安定感を欠き、打線も繋がりを欠いたため終盤に大失速し3位でシーズンを終えています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


2000年の外国人選手:現役メジャーリーガーで打線のテコ入れを図る


IMG_2519

投手成績


選手名 登 板 防御率 勝 利 敗 戦 ホールド セーブ 勝 率 投球回 与四死球 奪三振 WHIP
許銘傑 28 4.57 6 7 0 0 .462 126.0 69 66 1.54
ディアス 7 7.56 0 0 0 0 .000 8.1 6 7 1.56

野手成績


選手名 試 合 打 率 安 打 本塁打 打 点 盗 塁 四 球 三 振 出塁率 OPS
フェルナンデス 103 .327 121 11 74 58 47 .418 .905
ジェファーソン 89 .260 73 10 48 0 24 54 .323 .732
ポール 47 .242 30 4 18 1 16 34 .333 .745

総括


​投手では郭泰源2世として期待された許銘傑投手は不安定な投球が続き来日1年目は期待通りの成績を残す事ができませんでした。
リリーフとして起用されたディアス投手も結果を残せず1年限りで退団しています。

打線は前年獲得した外国人選手が不発で深刻な得点力不足に陥ったため現役メジャーリーガーのフェルナンデス選手、ジェファーソン選手を獲得しテコ入れを図りました。

メジャー通算2000本安打を放ったフェルナンデス選手は守備面では不安を残したものの打撃面ではシュアなバッティングでリーグ4位の打率を残しました。
38歳と高齢だったため1年で退団とはなりましたが性格も良い選手で若手選手達にも良い影響を与えていたようです。

一方でメジャー通算3割を記録していたジェファーソン選手は左腕に弱いなどの弱点もありなかなか結果を残す事ができませんでした。
それでも徐々に日本野球に適応していましたが、9月の試合でエラーを記録するとそのイニング中に守備の交代が命じられます。
この事がMLBでは選手への侮辱行為に当たるとの事で翌日は球場に現れず、結局そのまま帰国し引退となってしまいました。

前年から在籍しているポール選手ファーム三冠王を獲得しました。
しかし1軍では出場機会が限られたため結果を残す事ができませんでした。

チームは8月まで激しい優勝争いを繰り広げました。
しかし9月に入るとジェファーソン選手の退団も影響したのか8連敗を喫するなど失速し2年連続でリーグ優勝を逃しています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


1999年の外国人選手:投打共に全く機能せずリーグ3連覇を逃す


IMG_2283

投手成績


選手名 登 板 防御率 勝 利 敗 戦 ホールド セーブ 勝 率 投球回 与四死球 奪三振 WHIP
ブロス
マニュアル  1 0.00
0
0 0 0 .000 1.0 1 0 0.00

野手成績


選手名 試 合 打 率 安 打 本塁打 打 点 盗 塁 四 球 三 振 出塁率 OPS
シアンフロッコ 15 .163 7 2 5 4 14 .234 .536
ブロッサー 34 .198 19 3   9 3 19 32 .330 .643
ジンター 61 .202 35 8 28 2 35 59 .338 .725
ポール 59 .257 47 12 29 3 15 54 .318 .794

総括


​前年まで主砲として活躍したマルティネス選手は守備難のため日本シリーズを勝ち抜けないという理由で退団となりました。
しかし何度か書いているようにこの判断は裏目に出てしまいます。

守備力も高いという評価で獲得したシアンフロッコ選手、ブロッサー選手は打率1割台と低迷しただけでなく守備でも不安がありました。
そのため開幕後に獲得したジンター選手もデビュー戦で満塁本塁打を放ったもののすぐに尻すぼみとなりました。
補強期限ギリギリに緊急補強したポール選手は二桁本塁打を放ったものの最終的に4選手を合わせても前年のマルティネス選手の本塁打数に及ばない結果に終わっています。

投手陣も2年目のブロス投手は1軍登板無しに終わりました。
また新たに獲得したマニュアル投手も1試合のみの登板に留まりどのような投手なのか印象にも残らない選手でした。

チームとしては外国人選手が機能しなかった事が響いてリーグ3連覇を逃しました。
日本シリーズで勝つためという外国人選手補強の方針によりリーグ優勝も逃すという皮肉な結果となった年でした。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです

1998年の外国人選手:リーグ連覇を果たすも主砲以外は機能せず


IMG_2207

投手成績


選手名 登 板 防御率 勝 利 敗 戦 ホールド セーブ 勝 率 投球回 与四死球 奪三振 WHIP
ブロス 11 5.74 2 3 0 0 .400 42.1 24 28 1.28
カラーラ 33 4.91 1 2 0 1 .333 73.1 44 50 1.47

野手成績


選手名 試 合 打 率 安 打 本塁打 打 点 盗 塁 四 球 三 振 出塁率 OPS
マルティネス 133 .283 139 30 95 59 101 .361 .864
ペンバートン 38 .275 19 15 2 10 16 .378 .871
ラービー 37 .277 23 2 12 1 9 5 .372 .746

総括


​この年から外国人選手の出場枠が投手2野手2に拡大されました。

投手ではヤクルトで活躍したブロス投手が補強の目玉でしたが既に弱点が露呈しており期待を裏切る結果となりました。
また先発として獲得したカラーラ投手もシーズン途中からリリーフに転向したもののやはり結果を残す事ができませんでした。

野手では2年目のペンバートン選手がシーズン終盤に4番を打つ事があったものの活躍期間が短く守備面でも不安がありました。
またラービー選手は評判通りのシュアな打撃だったもののパワー面は想像以上に非力であり外国人選手としては物足りなさを感じました。

それでもマルティネス選手の2年連続30本塁打の活躍もありリーグ連覇を成し遂げました。
しかし日本シリーズでは守備に不安のあるマルティネス選手をセリーグ主催試合で起用できなかった影響もあり38年ぶりにセリーグを制した横浜に敗れています。

オフにはブロス投手以外は自由契約となりました。
特に守備難のマルティネス選手では日本シリーズを勝ち抜けないという理由で自由契約としてしまった判断は翌年以降に大きく響いてしまいます。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです

スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。
お問い合わせ
PVアクセスランキング にほんブログ村