2021オープン戦/練習試合結果

8/10エキシビジョンマッチ:ニール投手が崩れて最終戦も敗れる


IMG_1546

敗戦


8/10はドラゴンズと対戦し1-7で敗れました。
これでエキシビジョンマッチは2勝8敗という成績で終えました。

本日のスタメン


金子侑司選手が2番センターで出場しました。

ニール投手乱調


先発のニール投手は4回6失点で敗戦投手になりました。
10安打を浴びるなど不安定だったようで後半戦に向けて不安の残る結果となりました。
明確な課題はあったようですので次回の公式戦登板までに修正して欲しいです。

2番手の平井克典投手は1回を無失点に抑えました。
1安打を打たれたものの2三振を奪っています。
後半戦に向けてリリーフとして計算できる目処がついたのは大きいと思います。

3番手のギャレット投手はソロホームランで1点を失いました。
新型コロナ陽性判定による隔離期間の影響は気になるところです。

4番手の田村伊知郎投手は2回を無失点に抑えました。
前半戦終盤から状態を上げておりまずは昨年のような活躍を期待したいです。

外崎選手タイムリー


打線は外崎修汰選手のタイムリーによる1点のみに抑えられました。

しかし山川穂高選手、栗山巧選手、愛斗選手にもヒットが出ており、打線としてはエキシビジョンマッチ前半の底の状態は脱しつつあるように思えます。
源田壮亮選手も戻ってきますので残りの期間でしっかりと仕上げて万全の状態で後半戦に臨んで欲しいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


8/9エキシビジョンマッチ:打線が繋がり快勝を収める


IMG_1543

勝利


8/9はドラゴンズと対戦し7-2を勝利しました。

本日のスタメン


山川穂高選手、山田遥楓選手がスタメンに復帰しました。
また岸潤一郎選手が7番センターで出場しています。

高橋投手先発


先発の高橋光成投手は6回2失点というまずまずの内容でした。
3回に2ランを浴びるなど4安打を打たれたのは反省点ですが順調に調整できていそうです。
なお後半戦はソフトバンクとの対戦が多い火曜日に起用されるようです。

2番手の十亀剣投手はヒットを打たれたものの無失点で抑えました。
ただし暴投を記録してしまったのは反省点でしょうか。

3番手のダーモディ投手は2安打を打たれながらも無失点に抑えました。
ランナーを出しても大崩れしなければリリーフとして期待できそうです。

4番手の森脇亮介投手は1回を三者凡退に抑えました。
状態は上がってきているようですので再び勝ちパターンで起用されるのではないでしょうか。

12安打7得点


打線は岸潤一郎選手が先制の2点タイムリーを含むマルチヒットを記録しました。
また愛斗選手もタイムリーを含む2安打を放っています。
外野は固定できていないだけに若手野手による激しいスタメン争いに期待したいです。

森友哉選手も2ランを含むマルチヒットを放ちました。
後半戦はチャンスの場面での一打が出るようになるかがポイントでしょうか。

山川穂高選手はダメ押し2ランを含む猛打賞を記録しました。
ワクチンの副反応の影響はあまり無さそうで安心しましたし、前半戦は苦しんだ打撃面も復調傾向のように思えます。

他にも栗山巧選手もマルチヒットを記録するなど今日は打線が繋がりました。
後半戦は投打が噛み合い快勝を収める試合を多く見せて欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


8/8エキシビジョンマッチ:ルーキー長谷川選手にホームランが飛び出す!


IMG_1540

敗戦


8/8はドラゴンズと対戦し2-3で敗れました。

本日のスタメン


​1軍に合流した木村文紀選手が5番ライトで出場しました。
​また山川穂高選手、山田遥楓選手などが欠場し、熊代聖人選手が8番ファースト、川野涼多選手が9番ショートで起用されました。
新型コロナワクチンの副反応の影響などがあったようです。

本田投手先発


先発の本田圭佑投手は7回3失点で敗戦投手になりました。
3回に1安打と2四球で満塁とすると走者一掃のタイムリーを打たれました。
4回以降はパーフェクトに抑えただけに無駄な四球が勿体なかったです。
課題は残ったものの3安打に抑えるなど内容は悪くなかっただけに、後半戦の1軍ローテーションの候補には残ったのではないでしょうか。

2番手のギャレット投手は1回を三者凡退に抑えました。
新型コロナによる隔離期間がありましたが影響は少なかったのかもしれません。

長谷川選手ホームラン


打線は8回まで無失点に抑えられました。
貧打が心配ではありますが盤石な打線ではなかった影響もあるかもしれません。

しかし9回に代打で出場した長谷川信哉選手がソロホームランを放ちました!
公式戦ではないとはいえ中日のクローザーマルティネス投手からバンテリンドームで打てたのは非常に価値のある1発だったと思います。
高卒育成ルーキーながらも日に日に期待感が高まっています。

更に佐藤龍世選手のタイムリーで1点差に迫りました。
後半戦の1軍入りができるか当落線上と思いますのでアピールを続けたいところです。

川野涼多選手はフル出場したものの無安打に終わりました。
しかし1軍投手相手に三振を喫しなかったのは収穫ではと思います。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


8/4エキシビジョンマッチ:ヒヤヒヤながらも逃げ切り連敗ストップ


IMG_1529

勝利


8/4はカープと対戦し5-4で勝利しました。

本日のスタメン


金子侑司選手が1番センターで出場しました。
トップバッターは外崎修汰選手が有力かと思いましたがまだ試行錯誤中でしょうか。

今井投手先発


先発の今井達也投手は5回1/3を2失点で勝利投手になりました。
ピンチを招きながらも最低限試合を作れているのは昨年からの成長だと思います。
しかし球数が多めだったためももう少し長いイニングを投げて欲しいところでした。

6回1死3塁の場面で登板したのはダーモディ投手でした。
セカンドゴロの間にランナーを返したものの後続を抑えています。
後半戦はリリーフとして活躍してくれそうです。

3番手の武隈祥太投手はソロホームランで1点を失いました。
今季は復活を果たしたものも球威はあまり無いだけに甘く入ると痛打されてしまうようです。

4番手の森脇亮介投手は1回を三者凡退に抑えました。
後半戦は再び勝ちパターンとしての活躍を期待したいです。

5番手の水上由伸投手は1点を失いなおも1死満塁のピンチを招いたものの、後続を併殺に打ち取りなんとか逃げ切りました。
エキシビジョンマッチでは不安定な投球が多いのが少し気がかりです。

愛斗選手猛打賞


打線は3回に金子侑司選手の内野ゴロの間に1点を先制します。

同点の5回には栗山巧選手、山川穂高選手の連続2点タイムリーで4点を勝ち越しました。
中軸を期待される両選手がチャンスで打てた事は明るい材料だと思います。

8番ライトで出場した愛斗選手は猛打賞を記録しました。
前半戦終盤は調子を落とし気味でしたが、打撃面で復調して再びライトで固定して起用できれば守備面も引き締まってくると思います。

エキシビジョン初勝利を挙げましたが終盤に追加点を奪えなかったのは課題です。
試合を優位に進めるためにもチャンスは確実にものにしていきたいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


8/3エキシビジョンマッチ:逆転負けでエキシビジョンマッチいまだ未勝利


IMG_1526

敗戦


8/3はカープと対戦し3-5で敗れました。

本日のスタメン


外崎修汰選手が1番レフト、呉念庭選手が6番レフトで出場しました。
後半戦に向けてポジションは試行錯誤中でしょうか。

松本投手先発


先発の松本航投手は3回4失点で敗戦投手になりました。
6安打を浴びましたが球場の相性などもあるかもしれません。
登板後はブルペンで投げ込みを行ったようですので残り期間でしっかり仕上げて欲しいです。

2番手の十亀剣投手は2回をパーフェクトに抑えました。
後半戦もリリーフとして期待できそうです。

3番手のダーモディ投手は1回1失点でした。
先頭打者にホームランを打たれたのは課題ですが2三振を奪っています。
継続して抑えられるようになればリリーフ陣に厚みをもたらしてくれそうです。

4番手の水上由伸投手は四球を出したものの無失点に抑えました。
大量失点した後遺症は無さそうで一安心です。

5番手の平井克典投手は1回を僅か5球で抑えました。
この調子を維持できればセットアッパーとしても起用できそうです。

二者連続ホームラン


打線は2回に山川穂高選手、呉念庭選手の二者連続ホームランと森友哉選手のタイムリーで3点を奪い一時逆転に成功しました
山川選手は状態が上がってきているようですし、エキシビジョンマッチは不調だった呉選手にも一発が飛び出したのは一安心です。
またチャンスで打てていなかった森選手がタイムリーを放ったのも好材料です。

しかし他のイニングはチャンスを活かす事ができませんでした。
残り期間でしっかり調整して欲しいですし、状態の良い選手の見極めも重要になりそうです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。