2021イースタンリーグ結果

10/3ファーム結果:投打共に振るわずイースタン最終戦を飾れず


IMG_1715

敗戦


3日のイースタンリーグはジャイアンツと対戦し1-5で敗れました。

上間投手先発


先発の上間永遠投手は5回5失点で敗戦投手になりました。
ファームでは好投を続けていましたが故障か何かで一旦離脱した後の実戦復帰後は安定しない状態が続いています。
来年の先発ローテ入りに向けてフェニックスリーグで各球種の精度を高めて欲しいです。

2番手の宮川哲投手はヒットを打たれたものの無失点に抑えました。
宮川投手自身は手応えを感じつつあるようですが残り試合での1軍復帰はあるでしょうか。

3番手のダーモディ投手も無失点に抑えました。
これがライオンズでの最終登板となるのかフェニックスに帯同して最後の見極めが行われるのかは気になるところです。

4番手の大曲錬投手は三者連続三振を奪いました。

基本的にはフェニックスに帯同する方針と思いますがお試しでの1軍昇格もあり得そうです。

5番手の佐野泰雄投手はピンチを招きながらも無失点に抑えました。
今季はリリーフとして1軍での活躍を期待していましたが状態の上がらないままイースタン最終戦となってしまいました。


川野選手ホームラン

​打線は川野涼多選手のホームランによる1点のみに終わりました
マルチヒットを記録した川野選手ですが昨年よりも成績を落としてしまっただけに、今後のフェニックスリーグやキャンプで来季の1軍昇格のきっかけを掴んで欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


10/2ファーム結果:味方のエラーも絡んで大敗を喫する


IMG_1710

敗戦


2日のイースタンリーグはジャイアンツと対戦し1-16で敗れました。

佐々木投手復帰登板


対外試合出場禁止処分明けの先発の佐々木健投手は4回2/3を8失点で敗戦投手となりました。
5失点を喫して途中降板となった5回は味方のエラーが絡んだものでしたし、久々の登板という事でスタミナ面の問題もあったかもしれません。
4回までは2被弾を浴びたのは課題ですが球速は140キロ後半を記録し無四球で5三振を奪ったのは良かったのではと思います。
今後フェニックスリーグでは来季に繋がるピッチングを披露して欲しいです。

2番手の大窪士夢投手は1回1/3を5失点でした。
佐々木投手の残したピンチは三振で切り抜けたものも回跨ぎした6回に崩れました。
こちらも味方のエラーが絡んだ不運はあったものの連続四球で押し出しを与えたのは課題ですし球速ももう少し出せるようになって欲しいところです。

3番手の吉川光夫投手は1回を3失点でした。
前回登板は無失点に抑えたもののまたも複数失点を喫してしまいました。

4番手の赤上優人投手はヒットを打たれたものの無失点に抑えました。
まずは実戦登板を重ねて支配下登録を勝ち取れるよう成長して欲しいです。

6番手の中塚駿太投手は1回を無失点に抑えました。
先頭打者に四球を与えるなど制球は安定していなかったものも150km/hを記録するなど球速は戻ってきたようです。
またカーブで見逃し三振を2個奪っておりコントロールできるようになれば大きな武器になるかもしれません。



西川選手猛打賞

​打線は大量失点の影響もあってかダブルスチールによる1点に終わりました。

その中で西川愛也選手はラッキーな安打もあったものの猛打賞の活躍を見せました。
今シーズンは開幕スタメンを果たしたものの1軍ではヒットを打てていないだけに外野のレギュラー争いに加われるようファームでアピールを続けて欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


9/30ファーム結果:終盤の若手野手の活躍で逆転勝ち


IMG_1704

勝利


30日のイースタンリーグはベイスターズと対戦し5-2で勝利しました。

ニール投手先発


先発のニール投手は5回を投げて2失点でした。
しかし4安打だけでなく3四死球を与えるなど満足のいく内容では無かったのではと思います。
残り試合で1軍登板のチャンスを与えられるかは分かりませんが来季残留に向けてのアピール期間となるでしょうか。

2番手のダーモディ投手は1回を三者凡退に抑えました。
しかしファームでも好投の次の試合で崩れる事があるだけに直近の1軍合流の可能性は低そうで、やはり見極めの期間かもしれません。

3番手の榎田大樹投手は3回を無失点に抑えました。
9回は無死満塁のピンチを招いたものの後続を抑えています。
最終回は反省点ですが状態は上がってきているため今季初1軍もあるでしょうか。


終盤の逆転劇

​打線は6回に平沼翔太選手のホームランで1点を返します
今日はマルチヒットを記録しておりまずはファームで打撃を磨いて欲しいです。

更に8回には満塁から川野涼多選手の走者一掃のタイムリーで逆転に成功し、更に鈴木将平選手のタイムリーで1点を追加しました。
それまで打ちあぐねていた1軍経験豊富な石田投手を攻略しただけに自信をつけて更に飛躍して欲しいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


9/29ファーム結果:2安打で5点を奪うも中盤以降に追いつかれ引き分け


IMG_1702

引き分け


29日のイースタンリーグはベイスターズと対戦し5-5で引き分けました。

内海投手先発


先発の内海哲也投手は4回を投げて無失点でした。
しかし6安打を奪う一方で球数は83球を要しており評価は難しそうです。
実戦復帰後も長いイニングを投げていないため直近の1軍合流は無さそうでしょうか。

2番手の出井敏博投手は2安打1四球で1失点でした。
タイプ的にある程度ヒットを打たれるのは仕方ないですが無駄な四球は減らしたいところです。

3番手の赤上優人投手は2/3回を投げて3失点でした。
暴投で1点を失い更に満塁としたところで降板しましたが後を受けた佐野泰雄投手が2点タイムリーを浴びてしまいました。
球威を落とさず課題の制球面を破綻しない程度にまとめられるようになって欲しいです。

5番手の小川龍也投手は2安打を浴びながらも無失点に抑えました。
1軍復帰に向けてはやはり評価が難しそうです。

6番手の大曲錬投手は1失点で同点に追いつかれました。
連投になると内容が悪くなる傾向にあるように思えます。

7番手の井上広輝投手は1回を三者凡退に抑えました。
この内容を続けられる安定感を身につけて欲しいところです。


渡部選手19号

​打線は初回に渡部健人選手の19号ホームランで2点を先制しました。
イースタントップの清宮選手に追いつきましたがその後は2三振に倒れただけに打撃の確度を高めて打率を上げていきたいところです。

4回には2つの押し出しと犠牲フライで3点を追加しました。
相手の制球難に助けられ2安打で計5点を奪いましたが結果試合を通して5安打に終わりました。
打線の状態が下降気味ですが1軍の起爆剤となるような若手選手に出てきて欲しいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


9/28ファーム結果:少ないチャンスで奪った得点を投手陣が守り切る


IMG_1697

勝利


23日のイースタンリーグはベイスターズと対戦し3-1で勝利しました。

本田投手先発


先発の本田圭佑投手は5回を無失点に抑えて勝利投手になりました。
僅か1安打に抑えて5三振を奪う好投でした。
後はこのピッチングを1軍でも披露できるようになれるかが課題でしょうか。

2番手の宮川哲投手は先頭打者にヒットを打たれたものの無失点に抑えました。
最近は球速が出るようになってきたため宮川投手自身は手応えを感じているようです。
しかしリード面も影響もあるとは言えファームでは完璧に抑えて欲しいところです。

3番手の小川龍也投手は1回を三者凡退に抑えました。
また安定してきましたが1軍復帰に向けてはまだ課題があるという判断でしょうか。

4番手の大曲錬投手はヒットを打たれたものの無失点に抑えました。
調子が良い時は球速も出て安定して抑えられるようになっています。

5番手の井上広輝投手は1点を失ったもののなんとか後続を打ち取りました。
9回を任されるようになり不安定な投球が増えていますが良い経験と捉えてこの壁を乗り越えて成長して欲しいです。


牧野選手マルチヒット

​打線は2回に満塁のチャンスで牧野翔矢選手のタイムリーで2点を先制しました
今日はマルチヒットを記録するなど打撃好調で守備面でも盗塁を刺す活躍を見せました。
今後の1軍の状況次第では終盤での1軍デビューもあるかもしれません。

5回には川野涼多選手のタイムリーで1点を追加しました。
打率がなかなか上がってこないですが今後の飛躍のきっかけを掴むためにも残り試合での大活躍を期待したいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。