2021公式戦試合結果

またも松本投手が四球で自滅して敗戦(L-F 3回戦)

IMG_1181

敗戦


13日はファイターズと対戦し2-3で敗れました。

本日の公示


木村文紀選手が腰痛で抹消され熊代聖人選手が登録されました。
重症ではないと思いますが選手のやり繰りもますます厳しくなりそうです。

本日のスタメン


若林楽人選手が1番レフトで復帰しました。
また西川愛也選手が7番指名打者で出場しています。

松本投手自滅


先発の松本航投手は先頭打者にいきなり四球を与えますが後続を抑え、その後も四球を出しつつも5回までノーヒットに抑えます。
しかし6回にヒット、死球、四球で無死満塁としたところで降板しました。
結局この試合でも6四死球を与えており制球難で自滅する形となってしまいました。
試合毎にゾーンで勝負するという課題を掲げながらも改善できないだけに、根本的な何かを変える必要があるかもしれません。

満塁のピンチで登板した佐野泰雄投手がタイムリーを打たれると、宮川哲投手が押し出し四球と犠牲フライで一気に勝ち越しを許しました。
宮川投手は制球が乱れる悪い状態の日で、今シーズンはなかなか安定していません。
最終回に追い上げただけに最小失点で防ぎたいところでした。

7回から登板した伊藤翔選手が3回を無失点に抑えたのは収穫でしょうか。
伊藤投手も制球が安定している訳ではありませんが、チームの状況によっては先発のチャンスも与えられるかもしれません。

淡白な攻撃


​打線は2回に呉念庭選手、愛斗選手の連打の後、西川愛也選手の犠牲フライで先制しました。
西川選手は無安打に終わったもののあわやホームランというファールを放っており、ヒットが1本出ると調子が上向いてくるかもしれません。

しかし3回以降はチャンスも作れず、9回に愛斗選手のタイムリーで1点を返したものの、代打の鈴木将平選手が倒れてゲームセットとなりました。

故障者が離脱して苦しい状況ですが若手野手は頑張りを見せています。
しかし2点を追う8回にはわずか4球で攻撃を終えるなど、リードされると淡白さが目立つように思えますので、打線全体で粘りを見せて欲しいところです。

今日の栗メーター


栗山巧選手は登録抹消中となっています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


しぶとく奪った得点を投手陣が守り切る(M-L 3回戦)

IMG_1174

勝利


11日はマリーンズと対戦し2-1で勝利しました。

本日のスタメン


若林楽人選手が欠場し愛斗選手が1番ライトで起用されました。
また佐藤龍世選手が7番サードで出場しています。
なお前日に自打球で途中交代した若林楽人選手は打撲の診断で、火曜からは出場できる可能性もあるとの事で安心しました。

平井投手3勝目


先発の平井克典投手は7回1失点でリーグトップの3勝目を挙げました。
四球は1個のみと制球が安定しており球数も99球のみでした。
今年から先発転向しましたが現状は先発陣で1番の安定感ではないでしょうか。

8回は平良海馬投手が満塁のピンチを招いたものも無失点で抑え、リーグトップタイの5ホールド目を記録しました。
今年はテーマとして掲げている変化球をうまく交えて打ち取ろうという姿勢が見えます。
まだランナーを出す試合が多い気がしますが徐々に精度を上げて欲しいです。

9回は増田達至投手が三者凡退に抑えリーグトップの4セーブ目を挙げています。

犠牲フライで2得点


​打線は1点ビハインドの4回に源田壮亮選手が2盗、3盗を決めると、中村剛也選手の犠牲フライで同点に追いつきます。
この試合ではチームで4盗塁を決めており足で揺さぶろうという姿勢が見えました。

更に5回にはヒットで出塁した佐藤龍世選手が暴投で3塁に進むと、山田遥楓選手の犠牲フライで1点を勝ち越し、これが決勝点となりました。
主力打者が離脱している状況ではなかなか大量得点も見込めないため、この試合のように小技を交えつつしぶとく得点を奪い、投手陣が守り切るという戦いが求められそうです。

その状況の中で呉念庭選手は1安打に加えて申告敬遠を含む2四球を選び、途中出場の西川愛也選手も無安打ながらも2四球を選びました。
若手選手としては打って結果を残したいという気持ちもあると思いますが、打ち急がずにじっくりとボールを見られているのは良い傾向ではと思います。

今日の栗メーター


栗山巧選手は登録抹消中となっています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


敗戦に加えて若林選手が自打球で負傷交代(M-L 2回戦)

IMG_1169

敗戦


10日はマリーンズと対戦し2-6で敗れました。

本日の公示


山野辺翔選手が登録抹消されました。
6日の試合で指を痛めていたようで状態が気になるところです。

本日のスタメン


若林楽人選手が2試合連続で1番レフトで出場しました。
また山野辺選手に代わって山田遥楓選手が8番セカンドで出場しています。

10与四球


先発の浜屋将太投手は制球に苦しみ3回4失点で敗戦投手となりました。
またソロホームランはある程度仕方ないとしてもマーティン選手に2打席連発を許したのは不用意だったのではと思います。
ファームの先発陣も安定していないだけに次回登板もあると思いますが、内容によっては2軍再調整の可能性もあるかもしれません。

2番手の伊藤翔投手は2回無失点に抑えたものの2四球を与えています。
3番手の佐野泰雄投手は1回を無失点に抑え、唯一安定していたように思えます。

4番手の宮川哲投手は制球が安定しない悪い日のピッチングでした。
先頭打者に四球を与えると、続く打者がバントの構えを見せてもストライクが入らず連続四球、さらにフィルダースチョイスで満塁にした後に押し出しで失点と完全に独り相撲でした。
昨年からの課題である登板毎の好不調の波を減らして欲しいところです。

5番手の田村伊知郎投手も先頭打者への四球から1失点を喫しました。
投手陣全体で10四球を与えておりまたもや制球難を露呈してしまい、ファンとしてはストレスの溜まる試合展開となりました。

愛斗選手2試合連発


​打線は愛斗選手が反撃の狼煙となる2試合連発にソロホームランを放ちました。
一方で8回の満塁のチャンスでは課題の落ちる変化球の前に三振に倒れています。
甘い球は身逃さずに打てるようになってきているだけに、変化球を見極められるようになるかが今後活躍できるかの鍵となるでしょうか。

セカンドで出場の山田遥楓選手も1安打1四球1盗塁とまずまずの結果を残しました。
スタメン出場の機会が増えると思いますのでチャンスと捉えて飛躍して欲しいです。

一方で若林楽人選手が自打球を膝に当てて途中交代となりました。
自分で歩けず両肩を支えられながら交代しておりアイシング後に病院に向かったようです。
当面の1番打者として期待していただけに心配ですし長期離脱とならない事を祈るばかりです。

今日の栗メーター


栗山巧選手は登録抹消中となっています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


愛斗選手の2本塁打で逆転勝ち(M-L 1回戦)

IMG_1163

逆転勝ち


9日はマリーンズと対戦し7-4で勝利しました。

本日の公示


上間永遠投手吉川光夫投手が抹消され、十亀剣投手、武隈祥太が登録されました。
上間投手は登板間隔が空くための抹消で22日のバファローズ戦で先発予定と思われます。
吉川投手は前日も登板したもののやはり6日の試合での大炎上もあり、現状の状態では厳しいという判断でしょうか。
武隈投手はファームで無失点に抑えているものの1軍で通用するか気になるところです。

本日のスタメン


得点力が低下しているため打順に手が入り若林楽人選手が初の1番レフトで出場し、金子侑司選手は9番センターに入りました。
また渡部健人選手が7番サードで出場しています。

十亀投手今季初勝利


先発の高橋光成投手は5四球与えるなど制球に苦しみ6回4失点で降板しました。
調子が悪くても大量失点をしなかったのは成長と思いますが、山口選手に逆転2ランを浴びた点と、その後も小刻みに失点を重ねた点は反省点だと思います。
もちろん山口選手は将来性のある素晴らしい打者ですが、まだ結果の出ていない若い打者に対してはエースとして圧倒するような投球を見せて欲しいところです。

2番手の十亀剣投手は先頭打者に四球を与えたものの後続を打ち取り、次のイニングで打線が逆転したため今シーズン初勝利を手にしました。
先発が長いイニングを投げられない試合が多いだけに、リリーフとして安定した投球を続けられるとチームとしても大きいのではと思います。

8回からは久々の登板となる平良海馬投手、増田達至投手のリレーで逃げ切りました。

愛斗選手初ホームラン


​打線は2回に愛斗選手の1軍初ホームランで1点を先制しました。
期待されながらも結果を出せない状態が続きましたが6年目にして待望の1発となりました。

しかしその後は二木投手に抑えられ敗色ムードが漂いましたが、8回に小野投手に交代すると呉念庭選手のタイムリー1点差に迫り、愛斗選手の2ランで逆転しました。
ライオンズにとっては流れが変わる大きな投手交代となりました。
愛斗選手は初ホームランに続く1発となりしばらくはスタメン起用が続くのではと思います。

若手が躍動する一方で初回の1死3塁、3回の1死2、3塁のチャンスでは森友哉選手、中村剛也選手が凡退して無得点に終わり、チームが苦戦する一因となってしまいました。
森選手は最終回にタイムリーを放ったため浮上のきっかけとして欲しいです。

1番に入った若林楽人選手は1安打2四球で2盗塁の大活躍でした。
9番の金子侑司選手も2安打の活躍だったため、しばらくはこの打順で起用されると思います。

今日の栗メーター


栗山巧選手は登録抹消中となっています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


上間投手好投も打線沈黙で3連敗(L-E 3回戦)

IMG_1159

敗戦


8日はイーグルスと対戦し0-4で破れました。

本日の公示


上間永遠投手愛斗選手が1軍登録され代わって綱島龍生選手が登録抹消されました。
綱島選手はまた2軍で攻守ともにレベルアップさせて1軍再挑戦をして欲しいです。

本日のスタメン


木村文紀選手がスタメンを外れ5番ファーストに呉念庭選手、6番ライトに昇格したばかりの愛斗選手が起用されています。

上間投手好投


初登板初先発の上間投手は初回を三者凡退に抑えます。
2回にソロホームランを浴びたものの動じる事なく後続を抑えていきます。
しかし6回にもソロホームランを浴び更にピンチを招いたところで降板となりました。
代わった佐野泰雄投手が打たれたため4失点で敗戦投手になりましたが、制球も安定しており初登板とは思えない素晴らしいピッチングでした。
スタミナ面でまだ不安があるかもしれませんが次回登板のチャンスもありそうです。

なお佐野投手が打たれた当たりは若林楽人選手が目測を誤った面もありました。
練習試合などでも打球判断を謝る場面がありましたが守備力は高い選手であるため、経験を積んでプロの打球に慣れて欲しいところです。

3番手は初戦で大炎上した吉川光夫投手が登板し1回を無失点に抑えました。
前回登板のように突然の大崩れがあると起用しづらいですが、まだチャンスは与えられるようですのでベテランらしい投球で安定して結果を残して欲しいところです。

4番手に伊藤翔投手はランナーは出しつつも2回を無失点に抑えました。
徐々に内容が悪くなってきていますので制球を安定させてきっちりと抑えて欲しいです。

わずか2安打


​打線は瀧中投手に抑え込まれて上間投手を援護できませんでした。
5回までパーフェクトに抑え込まれ6回にようやく若林楽人選手が初ヒットを放ちますが、併殺打でチャンスを逃してしまいます。
8回には昇格した愛斗選手が2本目にヒットを放ちますがやはり後続が併殺に倒れました。

主力が離脱しても得点を奪ってきた打線ですが、この3連戦のように先制点を奪われると反撃するような力が無いように思えます。
若林選手や愛斗選手など若手選手達は頑張りを見せているだけに、中堅やベテラン陣の奮起にも期待したいところです。

今日の栗メーター


栗山巧選手は登録抹消中となっています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。