ライオンズ振り返り

2017年FA:2年連続でローテーション投手が流出

IMG_1664

FA移籍の歴史


1993年にFA制度が導入され以降多くの選手がライオンズから移籍しています。
そこで各年のライオンズに関わるFA移籍を振り返ってみたいと思います。
2017年は1選手がライオンズから移籍しました。

野上亮磨投手


​2017年オフは野上亮磨投手が巨人に移籍しました。

野上投手は2008年ドラフト2位でライオンズに入団しました。
入団4年目から先発として定着し、大きく勝ち越した年はないものの2度の二桁勝利を記録するなどの活躍を見せていました。

しかし2017年オフに他球団の評価も聞きたいとFA権を行使し、ライオンズを含めた複数球団との交渉の結果巨人への移籍を決断しています。
野上投手自身としては条件面で折り合いがつけばライオンズ残留と考えていたようですが、交渉時のフロントの言動に不信感を持った事で移籍を決断となったようです。

移籍後は期待された程の成績は残せず更に2019年にはアキレス腱断裂の大怪我を負いました。
今シーズンは好投見せたものの右肩痛を発症するなど故障に悩まされ続けています。

野上投手移籍に伴う人的補償としては高木勇人投手を獲得しました。
移籍初年度には野上投手と同日に勝利投手になるという史上初の記録を達成したものの、結局ライオンズではこの1勝のみに留まり2019年限りで退団しました。
退団後はメキシカンリーグを経て現在はBCリーグ神奈川に在籍しています。

総括


野上投手はエース級と言うよりは3、4番手の投手でしたが、それでもイニング数を稼げる投手の移籍は大きな痛手であり近年の先発不足の一因になったと思います。
それだけに交渉時のフロントの不誠実な対応は残念でしたし、ライオンズに残留していれば大怪我も無かったのではとも思ってしまいます。

また高木投手獲得時には大きな期待が寄せられましたが、やはり人的補償で獲得できる選手が即戦力で大活躍というのもなかなか難しいと改めて痛感する結果となってしまいました。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


2011年打線:統一球導入の中で異次元の成績を残した主砲

IMG_1656

基本オーダー



打順 守 備 選 手 打 率 本塁打 打 点 盗 塁 犠 打 タイトル
1 センター 栗山巧 .307 3 60 6 9
2 セカンド 原拓也 .241 0 12 0 51
3 ショート 中島裕之 .297 16 100 21 0 B9、GG
4 サード 中村剛也 .269 48 116 4 0 本塁打王、打点王、B9
5 指名打者 フェルナンデス .259 17 81 3 0 B9
6 ファースト 浅村栄斗 .268 9 45 7 18
7 レフト 坂田遼 .233 2 11 0 0
8 キャッチャー 銀仁朗 .218 2 22 4 33
9 ライト 秋山翔吾 .232 1 21 8 8

違反球


​この年は各球団で使用する硬式球の規格を統一する事と飛距離を抑えるためにNPB主導で統一球が導入されました。
しかし実際には反発係数が基準値を下回る違反球も多く使用されており、結果としてNPB全体でホームラン数を前年より大きく減らす事となってしまいました。

その状況下で主砲の中村剛也選手は1人だけホームランを量産し48本を放ちました。
この年パリーグのホームラン数2位だったホークス松田選手は25本でしたが、2位とのホームラン数の差が23本というのは過去最多の記録となっています。
更にロッテのチームホームラン数は46本だったため中村選手1人で上回ってしまいました。

打線としては前年まで4年連続盗塁王を獲得していた片岡易之選手が故障で離脱しましたが、代わりにセカンドを守った原拓也選手がチームの最多犠打記録を更新しました。
更に3年目の浅村栄斗選手が初めて規定打席に到達し、ルーキーの秋山翔吾選手も100試合以上に出場するなど若手の台頭が目立った年となりました。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


思い出の試合:2014年8月16日 日本ハムファイターズ戦

IMG_1653

黄金ルーキー


2014年は森友哉選手のルーキーイヤーです。
開幕からファームでは好成績を残していましたが捕手として実戦経験を積ませるという育成方針もあり2軍での出場が続いていました。

しかし1軍は開幕から躓きなかなか浮上できない状況が続いていたため、打線の起爆剤として7月下旬に1軍初昇格を果たしました。
7月30日にプロ初ヒットを放つと8月14日にはプロ初ホームランを放ちます。
更に8月15日に2試合連続ホームランを放ったという状況でこの試合を迎えました。

この試合は両チーム共に投手陣が安定せず中盤から点の取り合いとなり、1点リード9回には高橋朋己投手が同点打を浴びて7-7のまま延長戦に突入します。
そして延長10回には勝ち越しホームランを打たれ敗戦ムードが漂います。
しかしその裏に森友哉選手増井投手から代打ホームランを放ち引き分けに持ち込みました。

なおこれでプロ1号から3試合連続のホームランとなりましたが高卒新人としては史上2人目の記録だったようです。
ドラフト指名時から打てる捕手としてファンからの期待を集めていましたが、想像を上回る活躍を予感させる試合となりました。

なおこの活躍により早い段階で1軍起用しなかった首脳陣を批判する声もありました。
しかし捕手という特殊なポジションのため守備面の強化も図るためにファームでの出場機会を重視した判断は間違いではなかったと個人的には思っています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


2001年ドラフト:ライオンズの骨と牙を獲得した少数精鋭ドラフト

IMG_1628

過去のライオンズドラフトの思い出を振り返ってみようかと思います。
今回は2001年のドラフトです。

自由獲得枠:細川亨選手(背番号47)


長く正捕手を務めた伊東勤選手の後継者に悩まされていたチーム事情もあり、次世代の正捕手候補として獲得しました。
入団2年目から出場機会を増やすと以降は強肩と堅守を武器に正捕手の座を掴み取り、ライオンズ在籍時にはベストナインゴールデングラブ賞を1度ずつ獲得しています。
反面打撃は弱かったものの長打力は持ち合わせており、確実性を高めるためにバスター打法を取り入れたところホームランが増えたという年もありました。

しかしライバルとなる炭谷銀仁朗選手が台頭した事もあり2010年オフにFA権を行使するとソフトバンクに移籍しました。
楽天、ロッテを経て2020年限りで引退した後は新設された九州アジアリーグに所属する火の国サラマンダーズの監督を務めています。

通算1軍成績:1428試合620安打84本塁打367打点8盗塁 打率.203


3巡目:中村剛也選手(背番号60)

主砲候補として期待され2005年には22本塁打を放ちますが以降は伸び悩みます。
しかし2008年についに覚醒を果たすと以降は本塁打王6回、打点王4回、ベストナイン7回を獲得しています。
更にNPB通算満塁本塁打記録も更新し続けておりライオンズだけでなく球史に残るレジェンド選手となりました。

過去のインタビューで好きな言葉として答えた事からファンからはおかわりくんの相性で親しまれ、チームメイトなどからはサンペイと呼ばれています。
ベテランとなり成績が下降した年もあるもののその度に復活を遂げ、今年もチームの主砲としてチームを牽引しています。
今後もホームランを積み重ねてホームラン談話での「打てて良かったです」というコメントを何度も聞かせて欲しいです。

通算1軍成績:1834試合1610安打435本塁打1254打点43盗塁 打率.256 (2021/9/6時点)


4巡目:栗山巧選手(背番号52)


俊足巧打の外野手として期待され2004年にプロ初安打を放つと、翌年以降は巧みなバットコントロールと抜群の選球眼を武器にレギュラーに定着しました。
これまでに最多安打1回、ベストナイン4回、ゴールデングラブ賞1回を獲得しています。
そして2021年9月4日の楽天戦で9回にヒットを放ち、ライオンズ生え抜き初となる通算2000本安打を達成しました。

またプレー面以外でも非常に練習熱心な選手ですし、キャプテンとしてもチームを長く引っ張ってきました。
キャプテンを退いた今でもチームの精神的支柱になっていると思っています。
今後もライオンズ史上最高のヒットメーカーとしてヒットを積み重ねてチームを牽引してくれる事を期待しています。

通算1軍成績:2042試合2002安打117本塁打840打点83盗塁 打率.281 (2021/9/6時点)

5巡目:竹内和也投手(背番号63)


投手は近江高校のチームメイトだった左腕の島脇投手の指名を目指していたようですが先にオリックスに指名されたため竹内投手を指名しました。
この年の甲子園で準優勝を果たした近江高校の選手の指名に拘った背景には、滋賀県出身だった当時の堤オーナーの意向が働いたという噂もありました。
入団後は1軍出場の無いまま2004年に限りで引退しています。

通算1軍成績:出場なし

総括


​4名のみ指名という少数精鋭でしたが3選手がレギュラーに定着した事から大成功のドラフトだったと思います。
特に中村選手、栗山選手は生涯ライオンズを貫き今でもライオンズの骨と牙として主力で活躍しています。
同学年の両選手が揃ったからこそ刺激を与えあって長く現役を続けられている面もあると思いますので、その点でも非常に良い指名だったと思っています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


1989年の外国人選手:途中入団でホームランを量産したカリブの怪人

IMG_1627

投手成績


選手名 登 板 防御率 勝 利 敗 戦 ホールド セーブ 勝 率 投球回 与四死球 奪三振 WHIP
郭泰源 26 3.27 10 10 0 0 .500 198.1 49 117 1.11

野手成績


選手名 試 合 打 率 安 打 本塁打 打 点 盗 塁 四 球 三 振 出塁率 OPS
バークレオ 37 .210 25 6 11 0 16 35 .304 .715
デストラーデ 83 .257 75 32 81 4 59 75 .379 1.006

総括


郭投手はエースとしてチーム最多のイニングを投げ、貯金を作る事はできなかったものの3年連続となる二桁勝利を挙げました。

野手では前年に大活躍したバークレオ選手は変化球攻めを受けて低迷します。
しかしシーズン途中に獲得したデストラーデ選手が猛打を振るい、僅か83試合の出場で32本塁打を放つというパワーを見せつけました。

序盤は低迷していたチームもデストラーデ選手の活躍もあり優勝争いに加わります。
しかし終盤の近鉄との直接対決となるダブルヘッダーで近鉄のブライアント選手に2試合に跨っての4打数連続ホームランを浴びて連敗し、自力優勝が消滅しまいました。
なおこの試合では郭投手ブライアント選手に2発を浴びています。

結局直接対決での敗戦が響きチームは5連覇を逃して3位で終えたシーズンでした。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。