ライオンズ振り返り

谷中真二投手:ゴールデンルーキーの影武者起用

IMG_2533

リリーフ投手


谷中真二投手は小西酒造から​1996年ドラフト3位で入団しました。
ドラフト当日は酒造工場で働きながら指名を待つ映像が流れていました。

プロ入り後は主にリリーフとして起用されました。
しかし一番最初に谷中投手の名前が大々的に注目されたのは1999年の春季キャンプではないかと思います。

この年は松坂大輔投手のルーキーイヤーでキャンプ地には大勢のファンやマスコミが押し寄せていました。
球団は混乱を避けるために体型が似ている谷中投手に松坂投手のユニフォームを着せて影武者を演じさせました。

大注目のルーキーとは言え歳下の選手の身代わりとなった事に奮起したのか、翌年には入団以来最多の32試合に登板する活躍を見せました。
しかし2001年には1軍登板の無いままシーズン中に平尾博嗣選手とのトレードで阪神に移籍しました。

その後はオリックス、楽天を経て2008年からはライオンズに復帰しました。
同年は敗戦処理ながらも日本シリーズに登板しています。

2010年限りで引退しましたが影武者騒動だけでなく2度ライオンズに在籍した選手としても印象に残っています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


2000年の外国人選手:現役メジャーリーガーで打線のテコ入れを図る


IMG_2519

投手成績


選手名 登 板 防御率 勝 利 敗 戦 ホールド セーブ 勝 率 投球回 与四死球 奪三振 WHIP
許銘傑 28 4.57 6 7 0 0 .462 126.0 69 66 1.54
ディアス 7 7.56 0 0 0 0 .000 8.1 6 7 1.56

野手成績


選手名 試 合 打 率 安 打 本塁打 打 点 盗 塁 四 球 三 振 出塁率 OPS
フェルナンデス 103 .327 121 11 74 58 47 .418 .905
ジェファーソン 89 .260 73 10 48 0 24 54 .323 .732
ポール 47 .242 30 4 18 1 16 34 .333 .745

総括


​投手では郭泰源2世として期待された許銘傑投手は不安定な投球が続き来日1年目は期待通りの成績を残す事ができませんでした。
リリーフとして起用されたディアス投手も結果を残せず1年限りで退団しています。

打線は前年獲得した外国人選手が不発で深刻な得点力不足に陥ったため現役メジャーリーガーのフェルナンデス選手、ジェファーソン選手を獲得しテコ入れを図りました。

メジャー通算2000本安打を放ったフェルナンデス選手は守備面では不安を残したものの打撃面ではシュアなバッティングでリーグ4位の打率を残しました。
38歳と高齢だったため1年で退団とはなりましたが性格も良い選手で若手選手達にも良い影響を与えていたようです。

一方でメジャー通算3割を記録していたジェファーソン選手は左腕に弱いなどの弱点もありなかなか結果を残す事ができませんでした。
それでも徐々に日本野球に適応していましたが、9月の試合でエラーを記録するとそのイニング中に守備の交代が命じられます。
この事がMLBでは選手への侮辱行為に当たるとの事で翌日は球場に現れず、結局そのまま帰国し引退となってしまいました。

前年から在籍しているポール選手ファーム三冠王を獲得しました。
しかし1軍では出場機会が限られたため結果を残す事ができませんでした。

チームは8月まで激しい優勝争いを繰り広げました。
しかし9月に入るとジェファーソン選手の退団も影響したのか8連敗を喫するなど失速し2年連続でリーグ優勝を逃しています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


背番号42:外国人選手の番号


IMG_2384

ライオンズの各背番号を背負った選手のうちプレーしていた記憶のある黄金時代以降の選手について思い出などを書いてみようと思います。

変遷


黄金期には西本和人投手が着けていましたがプレーを見た記憶はありません。

背番号42を着けてプレーする姿を見た記憶のある最も古い選手はペンバートン選手です。
1997年途中に入団しましたが結果を残せず翌年限りで退団しています。

1999年にはジンター選手が着けました。
シーズン途中に入団しデビュー戦で満塁本塁打を放ったもののすぐに他球団に対策されるようになり夏場以降は1軍での出場がありませんでした。

2000年にはジェファーソン選手が着けました。
現役メジャーリーガーで左腕が苦手ながらも徐々に調子を上げていきました。
しかしイニングの途中で守備を交代させられたのが引き金となりシーズン途中での退団となってしまいました。

2001年からはカブレラ選手が着けました。
規格外のパワーを誇り加入1年目から4番として活躍しました。
ライオンズ時代にはシーズンMVP、本塁打王、打点王、最高出塁率を1回ずつ、ベストナイン5回、ゴールデングラブ賞1回を獲得しています。

2008年からはブラゼル選手が着けました。
打率は低いものの中軸として活躍しましたが頭部死球からの復帰の目処が立たない事から1年限りで退団となりました。

2009年は途中入団のベイリス投手が着けました。
リリーフとして期待されたものの安定感を欠きこの年限りで退団しています。

2010年からはブラウン選手が着けました。
1年目は21本塁打を放ったものの翌年は不振に陥りシーズン中に退団となりました。

2012年からはトレードで獲得した嶋重宣選手が着けました。
結果を残せず2013年限りで引退しましたがその後はコーチとして手腕を発揮しています。

2014年はレイノルズ投手が着けました。
先発として期待されましたが3勝に終わり1年で退団しています。

2015年はミゲル投手が着けました。
投げるメヒア投手として話題となり抑えとして期待されたものの全く通用せずに1年限りで退団となりました。

2016年はバスケス投手の背番号が変更となりました。
しかし前年は一定の成績を残したものの不振に陥りこの年限りで退団しています。

2017年からは途中入団のマーティン投手が着けました。
1年目はセットアッパーとしてリーグ優勝に大きく貢献しましたが翌年は制球難から不安定な投球となりシーズン終了後に退団となりました。


現役選手

日本では縁起が悪いと敬遠される番号ですがMLBでは全球団永久欠番となっている事から外国人選手に好まれる番号です。

2022年からはボー投手が着けています。
リリーフとして期待されており若くて未知数な分伸び代も大きいと思いますので日本で大きく飛躍して欲しいです。




ライオンズの歴代4番打者

IMG_2376

4番打者


黄金期には清原和博選手が4番打者を務めました。
ルーキーイヤーには現時点でも高卒ルーキー最高となる打率、本塁打、打点を記録して新人王を獲得しました。
その後は主要打撃タイトルを獲得できなかったため無冠の帝王とも呼ばれましたが、最高出塁率を2回獲得するなど状況に応じてチーム打撃に徹する事で黄金期を支えました。

清原選手の移籍後は鈴木健選手が4番としてリーグ連覇を成し遂げました。
本塁打は多くはなかったものの最高出塁率を獲得するなど高い出塁率を誇りました。
また勝負強い打撃を発揮し俊足揃いだった上位打線の返し役として機能しました。

2001年からはカブレラ選手が4番に座りました。
圧倒的なパワーが魅力で前年まで貧打に喘いでいた打線の救世主となりました。
他チームにも強打者がいたためライオンズ時代の打撃タイトルは本塁打王、打点王、最高出塁率が1回ずつのみですが打率も残せる驚異的な打者でした。

渡辺監督時代からの4番といえば中村剛也選手です。
おかわりくんの相性で親しまれ既に本塁打王6回、打点王4回を獲得するなどライオンズだけでなく球史に残る選手となっています。
また統一球が導入された2011年には1人でロッテのチーム本塁打数を上回っています。
近年は本塁打は減ってきているもののまだチームの中軸として活躍しています。

辻監督になってからは山川穂高選手が4番に座りました。
これまでに本塁打王2回にシーズンMVP1回も獲得しています。
ここ2年は不振で4番の座を明け渡していましたが今年は順調なスタートを切っただけに完全復活を期待したいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです

 

1999年の外国人選手:投打共に全く機能せずリーグ3連覇を逃す


IMG_2283

投手成績


選手名 登 板 防御率 勝 利 敗 戦 ホールド セーブ 勝 率 投球回 与四死球 奪三振 WHIP
ブロス
マニュアル  1 0.00
0
0 0 0 .000 1.0 1 0 0.00

野手成績


選手名 試 合 打 率 安 打 本塁打 打 点 盗 塁 四 球 三 振 出塁率 OPS
シアンフロッコ 15 .163 7 2 5 4 14 .234 .536
ブロッサー 34 .198 19 3   9 3 19 32 .330 .643
ジンター 61 .202 35 8 28 2 35 59 .338 .725
ポール 59 .257 47 12 29 3 15 54 .318 .794

総括


​前年まで主砲として活躍したマルティネス選手は守備難のため日本シリーズを勝ち抜けないという理由で退団となりました。
しかし何度か書いているようにこの判断は裏目に出てしまいます。

守備力も高いという評価で獲得したシアンフロッコ選手、ブロッサー選手は打率1割台と低迷しただけでなく守備でも不安がありました。
そのため開幕後に獲得したジンター選手もデビュー戦で満塁本塁打を放ったもののすぐに尻すぼみとなりました。
補強期限ギリギリに緊急補強したポール選手は二桁本塁打を放ったものの最終的に4選手を合わせても前年のマルティネス選手の本塁打数に及ばない結果に終わっています。

投手陣も2年目のブロス投手は1軍登板無しに終わりました。
また新たに獲得したマニュアル投手も1試合のみの登板に留まりどのような投手なのか印象にも残らない選手でした。

チームとしては外国人選手が機能しなかった事が響いてリーグ3連覇を逃しました。
日本シリーズで勝つためという外国人選手補強の方針によりリーグ優勝も逃すという皮肉な結果となった年でした。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです
スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。
お問い合わせ
PVアクセスランキング にほんブログ村