ライオンズ振り返り

2009年ドラフト:6球団競合の目玉左腕を獲得

IMG_2620

過去のライオンズドラフトの思い出を振り返ってみようかと思います。
今回は2009年のドラフトです。

1位:菊池雄星投手(背番号17)


高校時代からMLBにも注目された逸材で6球団競合の末にライオンズに入団しました。
しかし入団後は故障や制球難などもありなかなか期待通りの成績を残せませんでした。
それでも2013年から先発として定着し始めると2016年からは3年連続で二桁勝利を挙げるなどエースとして活躍を見せました。
最終的にライオンズ時代には最多勝1回、最優秀防御率1回、ベストナイン2回、ゴールデングラブ賞1回を獲得しています。
一方でホークスには相性が悪くプロ通算で2018年に挙げた1勝のみに留まっています。

2018年オフにはポスティングを利用してMLBのマリナーズに移籍しました。
過去2年は不満の残る成績でしたが今年は先発として安定した投球を続けています。
このままMLBで長く活躍して欲しいですが将来的には何かの形でライオンズに戻ってきて欲しいです。

通算1軍成績:158試合73勝46敗0H1S 防御率2.77 (※2020年末時点、NPBのみ)


2位:美沢将選手(背番号4)

喜界島出身で第一工業大学を経てライオンズに入団しました。
しかし大型内野手として期待されたものの結果を残せず2014年限りで引退しています。
現在は地元鹿児島で警察官として勤務しているようです。

通算1軍成績:6試合1安打0本塁打1打点0盗塁 打率.083

3位:岩尾利弘投手(背番号12)


入団1年目から1軍を経験し以降もリリーフとして起用されましたが結果を残せず2017年限りで引退しました。
ただし2015年には4試合にわたっての9者連続奪三振を記録しています。
現在はライオンズの打撃投手を務めています。

通算1軍成績:48試合3勝0敗5H0S 防御率6.11

4位:石川貢選手(背番号53)


俊足巧打の高卒外野手で2014年にはイースタンリーグの盗塁王を獲得しました。
しかし1軍では結果を残せず2015年限りで引退しています。

通算1軍成績:26試合5安打0本塁打1打点3盗塁 打率.119

5位:松下建太投手(背番号35)


高校時代は甲子園に3度出場し早稲田大学を経て入団しました。
入団1年目に肩を痛めオフに手術をしますが2013年には1軍初登板を果たし初セーブも記録しています。
しかし翌年以降は1軍出場無く2015年限りで引退しました。
現在はライオンズの球団職員を務めています。

通算1軍成績:9試合0勝1敗0H1S 防御率3.48

6位:岡本洋介投手(背番号30)


1年目から出場機会を得ると2013年からはリリーフや谷間の先発要員として登板機会を増やします。
前にも書きましたが予告先発の前日にリリーフ登板するなど便利屋として重宝されました。
しかし2016年に調子を落とし2017年は一時期先発入りするも防御率5点台に終わると、翌年の開幕前に榎田大樹投手とのトレードでタイガースに移籍しました。
移籍1年目はリリーフとして出場機会を得ますが2019年は不振に陥るとその年限りで引退となりました。

通算1軍成績:162試合14勝16敗14H1S 防御率4.73

総括


菊池投手は才能が開花するまでは時間がかかったもののエースに成長し6球団競合に恥じない活躍を見せました。
しかし岡本投手は一定の成績は残したものの素材型で上位指名した美沢選手、岩尾選手が活躍できなかったのは残念でした。
ただし他球団の指名選手を見ても主力になった選手は少ないため全体的に小粒な年だったのかもしれません。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


思い出の試合:1996年7月20日 オールスターゲーム

IMG_2601

オールスター第1戦


1996年のオールスターゲーム第1戦は福岡ドームで開催されました。
ライオンズからはファン投票で清原和博選手、監督推薦で西口文也投手、伊東勤選手が出場しています。

試合は1回にイチロー選手の先頭打者初球ホームランを放つと、5番ブリトー選手にも2ランが飛び出しパリーグが3点を先制します。
6回に同点に追いつかれますがその裏に初芝選手のタイムリーで1点を勝ち越すと、代打山本選手に3ランが飛び出しました。
その後は9回のセリーグの反撃を1点に抑え7-4でパリーグが勝利しました。

この試合を現地で観戦しておりいきなりのイチロー選手の1発には興奮しました。
また前年までホークスに在籍していた山本選手は古巣福岡ドームでの劇弾でMVPを獲得しヒーローインタビューで涙する姿は観客の感動を呼ぶなど見どころの多い一戦となりました。

なおライオンズの選手の成績は4番で出場した清原選手は2安打1四球の活躍を見せ、8番で出場した伊東選手は2打席凡退したところで交代となりました。
ちなみに第2戦では清原選手がMVPが獲得しお祭り男の本領を発揮しています。

今年のオールスター第1戦はメットライフドームで開催されます。
出場選手は今後発表となりますが出場が決まった選手達には本拠地で躍動する姿を見せて欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


1999年打線:貧打に苦しんだ白にゃんこ打線

IMG_1402

基本オーダー



打順 守 備 選 手 打 率 本塁打 打 点 盗 塁 犠 打 タイトル
1 センター 大友進 .270 4 26 13 26 GG
2 ライト 小関竜也 .268 1 34 16 32
3 ショート 松井稼頭央 .330 15 67 32 8 B9、最多安打、盗塁王
4 サード 鈴木健 .261 13 81 3 0
5 ファースト 高木大成 .272 7 54 13 5
6 指名打者 ポール .257 12 29 3 0
7 レフト 垣内哲也 .248 15 49 7 2
8 キャッチャー 伊東勤 .287 3 24 1 9
9 セカンド 高木浩之 .265 1 24 1 11

白にゃんこ打線


​​松坂大輔投手が入団しフィーバーに沸いた年ですが打線の方は貧打に陥りリーグ3連覇を逃してしまいました

前年まで2年連続で30本塁打を記録していたマルティネス選手を守備難で解雇したものの、シーズン中補強も含め新たに獲得した外国人選手4人全員が結果を残せなかった事が大きく響いてしまいました。
結果としてマークが厳しくなったためか連覇を支えた主力選手達も軒並み成績を落としチームとして20本塁打を記録した選手がいないという極度のパワー不足に悩まされました。
その中で松井稼頭央選手だけが好成績を残し3番を任せられるようになりました。
しかし中軸を打つためにパワーをつける事でトリプルスリーを達成する選手に成長した反面、徐々に盗塁数が減り打撃も荒さが目立つようになってきたため、1番打者として起用され続けていればどのような選手に成長しMLBでどの程度の成績を残せていたのかと考えてしまいます。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


2008年ポスティング:2度のポスティング申請も移籍成立せず

IMG_1399

ポスティングの歴史


1998年にポスティング制度が導入されました。
選手の権利ではなく球団主導の制度ではありますが、他球団と比べてライオンズからは多くの選手がポスティングを利用してのMLB挑戦を目指しています。

三井浩二投手


2008年オフに三井浩二投手がポスティング申請を行いました。

三井投手は2000年ライオンズを逆指名しドラフト2位で入団しました。
2002年と2003年は先発にリリーフにとフル稼働して二桁勝利を挙げると、2006年と2007年にはリリーフとして40試合以上に登板し20H以上を挙げるなどの活躍を見せています。
しかし2008年は不振に落ち入り防御率7点台に終わっていました。

それでも2006年に出場した日米野球で好投を見せたことからメジャー挑戦への想いに火がつきポスティングでの移籍志願に繋がったようです。
しかし期限までに入札を行う球団は現れず、年が明けた2009年1月に再度ポスティング申請を行いましたがやはり入札球団は現れずライオンズと再契約を結びました。
結果として史上初の同一年度に2度ポスティング申請を行った選手、更に2回続けて入札の無かった選手となってしまいました。

残留した2009年も状態は上向かず防御率6点台に終わるとオフに自由契約となり、他球団のテストを受けるも獲得には至らなかったためその年限りで引退しています。

総括


主にリリーフとして活躍した貴重なサウスポーではありましたが、ポスティング申請年に不振に陥った事に加え、何よりも35歳という年齢がネックとなりました。
球団としても高額の入札金は見込めなかったと思いますが、チームを支えた功労者に報いるために希望通りポスティングを認めた形だったと思います。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


個人的歴代大卒ベストナイン


IMG_2568

ルール


ライオンズの歴代選手の中からベストナインを選ぼうという完全なる個人的なお楽しみです。
今回は高卒/大卒/社会人卒のベストナインを選んでみます。
・実際にプレーを見た記憶のある選手が対象
・ドラフト指名またはドラフト外で指名された選手が対象
・投手は先発/中継ぎ/抑えを1人ずつ選出

ベストナインとオーダー


1番:秋山翔吾選手 センター
2番:金子侑司選手 レフト
3番:高木大成選手 ファースト
4番:山川穂高選手 指名打者
5番:後藤武敏選手 サード
6番:佐藤友亮選手 ライト
7番:細川亨選手 キャッチャー
8番:奈良原浩選手 ショート
9番:高木浩之選手 セカンド
先発:西口文也投手
中継:長田秀一郎投手
抑え:豊田清投手

総括


野手は全体的に小粒な印象です。
秋山選手山川選手という軸はいるものの全体的に2番や9番タイプの選手が多いです。
伝統的に野手の上位指名が少なく、ドラフト2位までに指名された大卒のスラッガータイプの選手は山川選手、後藤選手に加え山田潤選手くらいというのが影響していそうです。
ただし外崎修汰選手は今後レギュラーとして長く活躍し中軸を打てるセカンドになってくれると思います。
またルーキーの渡部健人選手、ブランドン選手にも主砲として成長してくれる事を期待しています。

投手陣では先発は西口投手の他には岸孝之投手もエースとして活躍しました。
中継ぎは竹下潤投手、岡本篤志投手、抑えは小野寺力投手なども名前が挙がりますが絶対的な存在として活躍した投手は少ないように思えます。

振り返ると大卒からチームに中心になった選手は意外と少ない印象を受けますので、現役の大卒選手達には更なる成長を期待したいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。