2021練習試合結果

9/8ファーム練習試合結果:仲三河選手の3打点の活躍で勝利


IMG_1636

勝利


11日はジャイアンツと練習試合を行い5-3で勝利しました

細かい継投


先発の豆田泰志投手は4回1失点でした。
3四死球を与えたものの1安打に抑え更に7三振を奪っています。
まだ課題は多いものの三振を奪えるのはやはり魅力的です。

2番手の中塚駿太投手は1回を無失点でした。
イースタンでは炎上が続いただけに投球内容が気になるところです。

3番手の赤上優人投手は1安打1四球を許したものの無失点に抑えました。
まずはランナーを許しても抑えられるような投球術を磨いて欲しいです。

4番手の大窪士夢投手は1回を1失点でした。
なかなかきっちりと抑えられないですが今年は実戦経験を積む年でしょうか。

5番手の伊藤翔投手は1回を無失点に抑えました。
アウトは全て三振で奪っており状態上がってきたでしょうか。

6番手の出井敏博投手は1回を1失点でした。
やはり今年は実戦経験を積んで制球ミス等を減らしていきたいところです。

仲三河選手3打点


打線では仲三河優太選手が犠牲フライとタイムリーで3打点の活躍でした。
高卒ルーキーとしてはまずまずの結果を残しており数年後が楽しみです。

1軍から参加した愛斗選手はマルチヒットで2打点を記録しています。
1軍ではスタメン落ちが続いていますが壁を乗り越えてレギュラーに定着して欲しいです。

長谷川信哉選手はマルチヒットに加えて盗塁も決めました。
順調に育てば将来のリードオフマンとしても期待できそうです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


8/11ファーム交流戦結果:打線が繋がり快勝を収める


IMG_1550

勝利


11日はBCリーグ武蔵と交流戦を行い9-2で勝利しました

佐々木投手先発


先発の佐々木健投手は5回2失点でした。
四球は無かったもののボール先行で痛打を浴びるなど内容は良く無さそうでした。
素材型とはいえ大社卒のドラフト2位だけに結果を残していきたいところです。

2番手の出井敏博投手は1回を無失点に抑えました。
2三振を奪うなど5月まで派遣されていた武蔵への恩返し投球となりました。

7回からは宮川哲投手、佐野泰雄投手、小川龍也投手が無失点に抑えました。
ただしBCリーグ相手という事で少し差し引いて見る必要があるかもしれません。

快勝


打線は11安打に加えて相手ミスもあり9点を奪いました。
前日の交流戦では押さえ込まれていただけに今日はNPBの意地を見せてくれました。

山村崇嘉選手、仲三河優太選手、中熊大智選手、川野涼多選手がマルチヒットを記録するなど若手野手がアピールしました。
また山村選手、川野選手に加え渡部健人選手が盗塁も決めています。

ただし渡部選手は無安打に終わっており持ち味の打撃でも安定して結果を残せるようになって欲しいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


8/10ファーム交流戦結果:ドラフト候補に押さえ込まれて敗戦


IMG_1545

敗戦


10日はJR東日本と7回までの特別ルールで交流戦を行い1-4で敗れました

豆田投手制球に苦しむ


先発の豆田泰志投手は3回を2失点という内容でした。
3安打に加えて4四死球を与えるなど制球に苦しんだようです。
素材は良いだけに今シーズンは登板毎に少しずつ学び成長して欲しいです。

2番手の伊藤翔投手は2回を無失点に抑えました。
社会人レベルの投手であれば問題なく抑え続けて欲しいところです。

3番手の大曲錬投手は2回を2失点でした。
ただし失点はエラー絡みで自責は0であり3三振を奪うなど内容は悪くなかったようです。

5安打のみ


打線はわずか5安打に抑え込まれました。
特に2番手で登板したドラフト候補の山田龍聖投手には3イニングで5三振を喫するなど完璧に抑え込まれたようです。
今日の試合は山田投手の視察の意味合いもあったのかもしれません。

その中で渡部健人選手がタイムリーを含む2安打、高木渉選手も2安打、鈴木将平選手が1安打と中軸打者達は結果を残せたようです。

一方で1番指名打者で出場した源田壮亮選手は3打数ノーヒットに終わりました。
試合勘が気になるところですが残り2試合で状態を見極める事になるでしょうか。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


6/27ファーム練習試合結果:綱島選手が猛打賞の活躍


IMG_1422

勝利


25日はJPアセット証券と練習試合を行い7-3で勝利しました

出井投手先発


先発の出井敏博投手は6回3失点で勝利投手となりました。
しかしタイプ的に5安打を浴びたのは仕方ないと思いますが、3四球と1暴投を記録したのは反省点だと思います。
3犠打を小技を絡められたようですがもう少し圧倒するような内容を見せて欲しかったです。

2番手の中塚駿太投手は1回を三者凡退に抑えました。
今年はイースタンでの登板は1試合に留まっており現在がどのような状態か気になります。

3番手の井上広輝投手は1回を無失点に抑えました。
しかし1四球1暴投に失策も記録するなど荒れた内容だったようです。
いいボールを投げるだけにまずはそれをコントロールできるようになりたいところです。

4番手の伊藤翔投手は1回を三者凡退に抑えました。
1軍経験もあるだけに格の違いを見せつけられたでしょうか。

綱島選手猛打賞


打線は9安打で7得点を奪いました。

1番に入った綱島龍生選手はホームランを含む猛打賞を放ち、3塁打が出ていればサイクルヒットという大活躍を見せました。
打撃は大きく成長しているだけの1軍定着への足がかりを作っていきたいところです。

仲三河優太選手、中熊大智選手もそれぞれ2安打1打点の活躍を見せています。

快勝を収めた一方で打線全体で11三振を喫してしまいました。
もちろん相手投手が良いボールを投げていたのもあるでしょうが、練習試合という事で打撃に粗さが出ていなかったかは気がかりなところです。

なお社会人でも新興チームとの対戦が組まれましたが、相手チームの中にチェックしておきたいドラフト候補の選手がいたのではないかと少し気になっています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


6/25ファーム練習試合結果:豆田投手の好投で完封勝ち


IMG_1415

勝利


25日は栃木ゴールデンブレーブスと練習試合を行い7-0で勝利しました

豆田投手7回無失点


先発の豆田泰志投手は7回を3安打3四球で無失点に抑え勝利投手になりました。
ストライクゾーンが外に広かったようなので参考レベルかもしれませんが、7三振を奪う好投だったようですし、疲れの見えた7回も投げ切れたのは素晴らしかったと思います。
育成高卒ルーキーながらも今後が楽しみです。

2番手の松岡洸希投手は1安打を打たれながらも無失点に抑えました。
今年は1軍のリリーフが安定していないだけにこのまま経験を積んで、後半戦には勝ちパターンとして投げられるように成長して欲しいです。

9回は大曲錬投手が三者凡退に抑えました。
ただしまだボールがばらつくなど課題は多いと思いますので、じっくりと育成して各球種の精度を高めていきたいところです。

西川選手3ラン


打線もストライクゾーンの影響を受けた部分もありますが、2回にジョセフ選手のタイムリーで1点先制すると、5回には長谷川信哉選手のホームランで1点を追加しました。
ジョセフ選手はマルチヒットを記録しており徐々にプロ仕様になってきたでしょうか。

8回には綱島龍生選手のタイムリーで2点を追加します。
外崎修汰選手の復帰もあり競争は更に激しくなりますが、打撃でアピールし続けて今シーズン中の1軍再昇格のチャンスを掴んで欲しいです。

9回には西川愛也選手が3ランを放ちました。
バットを担ぐようなフォームに変わっていたようで、1軍であと一歩のところでヒットが出なかった点を改善する意図かもしれません。
打撃センスは素晴らしいものを持っているだけにこれをきっかけに飛躍して欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。