シーズン振り返り

今井達也投手:度重なる離脱に苦しんだ不本意なシーズン

IMG_3368

怪我の功名


昨年は自身初の規定投球回に到達し今季もローテの軸として期待された今井達也投手ですが開幕直前に右足内転筋の張りのため離脱となってしまいました。
更に4月にファームで実戦復帰を果たすも今度は左足の捻挫で離脱となってしまい結局一軍初登板は7月と大きく出遅れてしまいました。
更に8月に休養のために一旦登録を抹消されると発熱の影響で再復帰はシーズン最終盤となってしまいましたが、復帰戦で好投を見せてチームのCS進出に貢献しました。

先発のやり繰りに苦しんだ時期もありリリーフ陣の負担も大きかったため長いイニングを投げられる今井投手の離脱は大きな痛手だったと思います。
一方でローテの枠が空いた事で隅田知一郎投手、佐藤隼輔投手が実戦経験を積み、與座海人投手が先発として飛躍するきっかけになった面もありました。

また離脱中に上半身を中心としたビルドアップに成功し、更に精神面の成長を評価されるなど今井投手自身の成長にも繋がった部分もあります。
結果として9試合の登板ながらも5勝1敗という好成績に繋がったと思います。

今年も制球面に課題は残ったものの指標的には良化しており1年を通して投げれば自身初の二桁勝利も可能な内容でした。
投げているボール自体はチームでもトップクラスなだけに来季はシーズンを通してローテーションをまもり、高橋光成投手とエースの座を争うような投球を期待したいです。

1軍成績:9試合 5勝1敗0H0S 59.2回 防御率2.41
2軍成績:6試合 1勝0敗-H0S 19.2回 防御率0.92


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


渡部健人選手:大きく成績を落とした昨季のイースタン二冠王

IMG_3358

伸び悩み


渡部健人選手は昨年イースタン二冠に輝き更なる飛躍が期待されました。
しかし今季は開幕から低空飛行が続き、結局状態が上向かないまま一度も一軍に昇格する事なくシーズンを終えてしまいました。

打率は1割台と低迷し三振率も30%を超えるなど確実性に大きく課題を残しました。
また結果として本塁打と打点も昨年より数字を落としています。

それでも安打のうち4割近くが長打とやはりパワーは魅力です。
また相手投手から警戒される中で四球をある程度選べている点は良いのではと思います。

オフは炭水化物を制限して肉体改造に取り組むようです。
今の体型だからこそ長打を打てている面もあると思いますがもう少し身体にキレが出てくると攻守共に成績が上向いてくるかもしれません。

球団としても将来の中軸候補として期待していると思いますので、まずは来春のオープン戦やファームで安定した結果を残して1軍定着を狙いたいところです。

1軍成績:出場なし
2軍成績:97
試合 299打数55安打10本塁打30打点 48四死球 6盗塁 打率.184


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


金子侑司選手:復活の兆しを見せるも二度の故障に苦しむ

IMG_3352

肉離れ


FA権を行使して残留した昨年は不振に陥った金子侑司選手ですが今シーズンは徐々に状態を上げて外野のスタメンに復帰しつつありました。
しかし5月にハムストリングの肉離れで離脱してしまい、更に8月に復帰したものの僅か1試合で再発させてしまい再度離脱となってしまいました。

終盤に復帰したものの足の状態は良くはなく休養を挟みながらの起用となり盗塁数も伸ばす事はできませんでした。
それでも打率は.277を記録するなど打撃面では復活の兆しを見せてくれました。

ドラフトでは蛭間拓哉選手を1位指名したとは言え外野は全ポジション固定できていません。
来季に向けてまずは足の状態を万全に戻した上でベテランの味を発揮してスタメンの座を再度掴み取って欲しいです。

1軍成績:44試合 119打数33安打1本塁打4打点 8四死球 3盗塁 打率.277
2軍成績:11
試合 32打数11安打0本塁打2打点 3四死球 2盗塁 打率.344


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


源田壮亮選手:キャプテンとしてチームを牽引するも自己最少の出場試合数に終わる

IMG_3348

キャプテン


今年もショートの不動のレギュラーとして開幕を迎えました源田壮亮選手ですが5月に自打球を足に当ててしまい骨挫傷で離脱となってしまいました。
その後も新型コロナ感染もありプロ入り後最少の出場試合数に終わっています。

その中でも守備面では好守を連発し5年連続のゴールデングラブ賞を獲得しています。
更にキャプテンとして終盤まで優勝争いをしたチームを牽引しました。

一方で打撃面は7月と8月に3割以上を記録しキャリアハイの成績を残す事を期待しましたが9月以降は低迷しプロ入り後初めて2割7分を切ってしまいました。
それでも打低に沈んだチームの中では上位打線として活躍したと思います。

順調にいけば来年FA権を取得予定でしたが今オフに5年契約を結びました。
更に4年連続のキャプテンを務める事も決まっています。

来季も守備面だけでなく打撃面も更にレベルアップさせてチームを勝利に導いて欲しいです。

1軍成績:108試合 414打数110安打2本塁打17打点 31四死球 12盗塁 打率.266
2軍成績:3
試合 8打数2安打0本塁打0打点 1四死球 1盗塁 打率.250


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


外崎修汰選手:今年も守備では大きく貢献も打撃は復調ならず

IMG_3339

ゴールデングラブ賞


昨年は死球による骨折での離脱もあった外崎修汰選手ですが、今年は腰痛による一時離脱はあったもののシーズンを通してセカンドのレギュラーとして活躍しました。

守備面では今年も好守を連発し2年ぶり2度目のゴールデングラブ賞を獲得しました。
指標的も他球団の選手達を圧倒しており今年のチーム防御率リーグトップに大きく貢献したと思っています。

一方で打撃面は今年も低迷しました。
月間打率は最高でも.235と常に低空飛行が続き、終わってみればシーズン打率は規定打席に到達した年では自己ワースト、リーグでもオグレディ選手に続くワースト2位となってしまいました。

なお今季はFA権を取得し去就が注目されていましたが宣言した上で4年契約を結び生涯ライオンズを明言しました。
そして来季は副キャプテンを任されるなどチームを牽引する役割を期待されています。

来季もレギュラーの座を守り抜くためにも守備面だけでなく打撃面も再度鍛え直して攻守で勝利に貢献してくれる事を期待しています。

1軍成績:132試合 478打数103安打12本塁打47打点 55四死球 10盗塁 打率.215
2軍成績:2
試合 7打数5安打1本塁打2打点 0四死球 0盗塁 打率.714


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。
お問い合わせ
PVアクセスランキング にほんブログ村