シーズン振り返り

中熊大智選手:捕手として出場機会を増やすも支配下登録は勝ち取れず

IMG_2113

育成再契約


​2020年はファースト等で起用され3割近い打率を残すなど打撃面での成長を見せた事で支配下登録への期待が高まりました。

更に昨年は本来のポジションである捕手での出場が増え実戦経験を積みました。
しかし打撃面では前年よりも成績を落としてしまい節目の育成3年目での支配下登録を勝ち取る事はできませんでした。
また打率自体は悪くはないものも長打が少ない点も気になる点です。

それでも育成再契約を結んだ事は球団の期待の現れだと思います。
昨年にドラフトでは古賀悠斗選手、古市尊選手という強肩が武器の捕手を獲得しました。
中熊大智選手の武器はやはり打撃だと思いますのでまずはファームで圧倒的な成績を残して念願の支配下登録を勝ち取って欲しいです。

2軍成績:83試合 200打数53安打0本塁打20打点 17四死球 0盗塁 打率.265


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


豆田泰志投手:高卒ルーキーながらも先発として経験を積む

IMG_2109

火の玉ストレート


豆田泰志投手は地元埼玉の浦和実業から2020年育成ドラフト4位で入団しました。

プロ入り後は高卒ルーキーながらも春先から実戦で起用されます。
当初はリリーフメインでしたがシーズン途中からは先発での起用が増えました。
イースタンでは9試合のみの登板でしたが練習試合等で積極的に起用されていた印象です。

成績としては四球が多いなどの課題が残ったものの高卒育成ルーキーとしては1年目から先発経験を積めただけで合格点ではと思います。
更に球速以上にノビを感じさせるストレートはプロでも十分に通用しそうですしある程度三振を奪えたのは収穫だったのではと思います。

今年は体力面を向上させてまずは1年を通してファームで結果を残したいところです。
そして近い将来の支配下登録を掴み取り1軍の主力に成長して欲しいです。

2軍成績:9試合 2勝1敗-H0S 26.2回 防御率9.45


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです

ジョセフ選手:プロへの対応に苦しんだルーキーイヤー

IMG_2106

身体能力


​入団時にはプレー面に加えて明るいキャラクターでも話題になりました。
しかし新人合同自主トレが開始すると早々に体力不足を露呈してしまいます。

シーズンに入っても3軍調整がメインとなり他の育成ルーキーが実戦でアピールしているのを尻目にプロへの対応に苦しんだ1年となりました。
それでも終盤にはファームでヒットが出るようになり成長の跡が窺えました。
またヒットと同数の四球を選べているのも好材料だと思います。

身体能力の高さは魅力的なだけに今年はファームで継続して結果を残したいところです。
そして将来的には支配下登録を勝ち取りチームのムードメーカーになって欲しいです。

2軍成績:38試合 55打数11安打0本塁打4打点 11四死球 0盗塁 打率.200


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


長谷川信哉選手:高卒ルーキーながらも勝負強さを発揮

IMG_2103

勝負強い打撃


​高卒育成ルーキーという事でファームで経験を積んだルーキーイヤーとなりました。

それでもイースタンで3度のサヨナラ打を放つなど成績以上の勝負強さを発揮しました。
更に開幕前の練習試合やオリンピック中断期間のエキシビジョンマッチでホームランを放つなど与えられたチャンスでしっかりと結果を残した印象です。

走塁面では8盗塁を記録するなど足も使える選手です。
また守備面でも内外野の複数ポジションを卒なくこなしました。
将来的にはポジションを固定されるかもしれませんが複数ポジションをハイレベルで守る事ができれば1軍定着へのアピールにも繋がりそうです。

昨年の秋季練習では新任の平石コーチの目にも止まっていました。
まだまだ課題は多いものの走攻守共に期待値の高い選手ですのでアピール次第では早い段階での支配下登録も十分にあり得るのではと思います。

2軍成績:72試合 175打数40安打1本塁打16打点 14四死球 8盗塁 打率.229


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


赤上優人投手:制球面が課題もプロでも三振を奪える点が魅力

IMG_2100

育成ルーキー


​ルーキーイヤーの昨年は3軍調整を行いながら実戦経験を積みました。

学生時代から課題だった制球面はやはりばらつきがあるようでした。
一方で持ち味の直球は威力がありプロでもある程度三振を奪えたのは魅力を感じますし自信にもなったのではと思います。
また終盤は直球だけでなく変化球でも三振を奪えていたのは大きいと思います。

飛躍を期待される今年はやはり制球面の向上が求められます。
ただし制球を安定させるために小さく纏まってしまうと持ち味が失われてしまいます。
今のスケール感を保ちつつ破綻しない程度の制球力を身につけられればシーズン中の支配下登録も十分にあり得るのではと期待しています。

2軍成績:12試合 1勝2敗-H0S 11.1回 防御率4.76


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。
お問い合わせ
PVアクセスランキング にほんブログ村