キャンプ情報

秋季キャンプ完走の外崎選手を副主将に任命

IMG_3307

秋季キャンプ最終日


20日で秋季キャンプを打ち上げました。

FA権を行使して残留した外崎修汰選手がキャンプを完走しました。
主力選手は途中までで免除されている中で最後までキャンプに参加して紅白戦にも全試合出場した事は不振の続く打撃面を向上させたいという思いの表れではと思っています。
ゴールデングラブ賞を獲得した守備面だけでなく足を使える点は松井稼頭央監督の目指す野球に合致すると思いますのでリーグ連覇時の打撃を取り戻して欲しいです。

また来季は源田壮亮選手が4年連続の主将を務めると同時に外崎選手が新設された副主将を務める事が発表されました。
生涯ライオンズを宣言した事も加味されているかもしれませんし源田選手の負荷軽減にも繋がるのではと思います。
来季は同学年コンビがリーダーとしてチームを引き締め勝利に導いて欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


川野選手が紅白戦で決勝打を放ち投手陣は左腕がアピール

IMG_3304

紅白戦


19日の秋季キャンプは紅白戦が行われました。

試合は川野涼多選手が2点タイムリーを放ち紅組が2-0で勝利指定います。
今季はファームで成績を向上させた川野選手はフェニックスリーグから好調を維持しています。
守備面はまだ向上が必要とは言え内野の複数ポジションを守れるだけに来季は4年目の飛躍を期待したいところです。

投手陣は紅組で浜屋将太投手、大曲錬投手、菅井信也投手、白組は佐藤隼輔投手、出井敏博投手、宮川哲投手が投げました。

各先発の浜屋投手は3回、佐藤投手は2回を無失点に抑えました。
それぞれ課題もあったようですが左腕の層を厚くするためにも来季は1軍の先発争いに加わって欲しいです。

菅井投手はランナーを出しながらも2三振を奪いました。
シーズン終盤から実戦で結果を残しており来季は面白い存在になりそうです。

右腕では出井投手が2失点を喫しました。
育成再契約になると思いますまだまだ課題は多そうです。

一方で大曲投手、宮川投手は2三者凡退に抑えました。
2三振を奪った宮川投手は紅白戦で積極的に起用されており課題を持っての登板でしょうか。
来季は制球面を安定させて勝ちパターン入りして欲しいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


打撃だけでなく走塁面の向上を目指している秋季キャンプ

IMG_3294

第4クール


秋季キャンプは17日から第4クールが始まりました。
キャンプ動画を観ていると野手陣は各クール最終日の打撃鬼強化デーだけでなく走塁面の練習に力を入れている様子が伺えます。

17日は赤田将吾コーチの動きを見てスタートや帰塁を瞬時に判断していました。
若林楽人選手はこの判断力が非常に優れているようです。
若林選手は先日の外部講師を招いての講習時に気になる点を質問するなど自身の武器である足をなんとか活かそうという意欲が見えました。

今季はリーグワーストの盗塁数となってしまいましたが松井稼頭央監督は足を使った攻撃ができるチーム作りを目指しているようです。
来季は足で揺さぶってどの打順からでも得点を奪えるような打線を構築して欲しいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


渡部選手が紅白戦で一発を放った一方で投手陣には課題が残る

IMG_3274

紅白戦


14日の秋季キャンプでは紅白戦が行われました。

試合は川野涼多選手のタイムリー、渡部健人選手の3ランで白組が3-0で勝利したようです。
昨年イースタンで二冠に輝いた渡部選手はファームで打率1割台と期待を裏切りました。
来季は正念場となるだけに将来の中軸候補として飛躍のきっかけを掴んで欲しいです。

投手では齊藤大将投手が3安打を浴びて2失点、井上広輝投手が2四球の後に被弾し3失点を喫してしまいました。
また渡邉勇太朗投手も結果的に2イニングを無失点に抑えたものの四死球やヒットでランナーを許すなど内容は良くありませんでした。

時期的に投手陣の状態は良くないかもしれませんが来季は1軍で結果を残せるよう課題克服に努めて欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


2年連続の二桁勝利を誓う與座投手

IMG_3264

飛躍の1年


與座海人投手が12日に秋季キャンプに参加し2年連続の二桁勝利を誓いました。
今季はシーズン途中から先発ローテーションに定着すると自身初となる二桁勝利を記録しました。

しかし8月は防御率3.81、9月以降は防御率5点台で共に月間1勝2敗と終盤に失速しました。
また外国人打者に強いアンダースローとして侍ジャパンに選出されたものの巨人戦で4回4失点と結果を残す事ができませんでした。

ライオンズでは松沼博久投手、牧田和久投手が長く主力として活躍しました。
一方でソフトバンクの高橋礼投手は2年活躍した後に低迷が続いています。
アンダースローは球威が劣る上に左打者との相性が悪いなどの弱点もあるため制球面が甘くなってくると打ち込まれるケースが増えてしまいます。

それでも侍ジャパンでは他球団の主力投手と意見交換するなど収穫もあったようです。
13日からキャンプ参加は免除になるようですのでまずはシーズンの疲れをしっかりと取った上で来季に向けて更にレベルアップを図って欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。
お問い合わせ
PVアクセスランキング にほんブログ村