ライオンズ用語

サンフレッチェ:黄金期の勝利の方程式

IMG_2224

ライオンズ用語


歴代のライオンズに関わる用語やニックネームを振り返ってみたいと思います。

サンフレッチェ


1982年に西武として初優勝を果たしてからは強豪チームとなったライオンズですが抑えはなかなか固定できずにいました。

しかし1990年にはドラフト1位入団の潮崎哲也投手がセットアッパーに定着して新人特別賞を獲得、巨人からトレードで加入した鹿取義隆投手は抑えとして最多セーブを獲得しました。
そして1993年には杉山賢人投手がドラフト1位で入団しセットアッパーとして新人王を獲得する活躍を見せ盤石の勝ちパターンが確立しました。

毛利元就の三本の矢のエピソードに加え、同年に開始したJリーグが大ブームになっていた事も相まってこの勝利の方程式はサンフレッチェと呼ばれました。
変則右腕の潮崎投手、鹿取投手にサウスポーの杉山投手という本格派の投手がいない異色の勝ちパターンだったのではと思います。

役割は厳密に固定されず調子や相手打線に応じて起用法は変わったためサンフレッチェとなってからの個人タイトル獲得は無かったものの抜群の安定感を誇りました。
潮崎投手は1997年から先発に転向し、鹿取投手も同年限りで引退したため解体となりましたが4年間に渡りリリーフに中心として活躍してしてくれました。

2020年のライオンズも森脇亮介投手、平良海馬投手、増田達至投手という鉄壁の勝ちパターンを構築しました。
しかし昨年は故障の影響もあり森脇投手、増田投手が低迷したためやはり同じリリーフ陣が複数年に渡って結果を残し続けるのは難しいのだと思います。

それでもリリーフ陣には期待の若手選手も多いため新たなニックネームがつけられるような盤石のリリーフ陣を再び構築してほしところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


AKD砲:黄金期のクリーンアップ

IMG_2198

ライオンズ用語


歴代のライオンズに関わる用語やニックネームを振り返ってみたいと思います。

AKD砲


ライオンズ黄金期のクリーンアップである秋山幸二選手、清原和博選手、デストラーデ選手の頭文字を取ってAKD砲と呼ばれました。
元々はバークレオ選手が5番に入ったAKB砲が元祖ですが活躍期間が1年のみだった事もありファンとしてはAKD砲の方が馴染みが深いと思います。

デストラーデ選手がフルシーズン在籍した1990年-1992年における3選手の成績の合計は114本塁打291打点、97本塁打255打点、108本塁打272打点と圧倒的な破壊力を誇りました。
この間にデストラーデ選手本塁打王3回、打点王2回を獲得し、秋山選手盗塁王1回、清原選手最高出塁率2回を獲得しています。

AKD砲の活躍もあり1990年からは3年連続日本一を達成しておりライオンズだけでなく球史に残るクリーンアップだったと思います。
ホームランを打てる3選手が複数年に渡って同時に結果を残し続けるのは難しいと思いますがまた新たな愛称がつくような強力な中軸が構築される事を期待しています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。
お問い合わせ
PVアクセスランキング にほんブログ村