ライオンズ退団選手の動向

呉選手は台湾の社会人チームに移籍!7月のドラフトを目指す!

IMG_5630

ドラフト待ち


​​​​オフに電撃退団した呉念庭選手が台湾の社会人野球チーム全越運動に移籍する事になりました。
アマチュアでのプレーをしながら7月に行われるCPBLドラフトでの指名を待つ必要があります。

ライオンズで8年プレーした呉選手ですが日本の大学から直接NPB入りしたためCPBLでプレーするためにはドラフトで指名される必要があります。
日本でもMLBでプレーした実績がありながらもドラフト指名を経て日本ハムに入団した多田野投手、加藤選手などのケースもありました。

呉選手は台湾でのプレーを目指して急な退団となりましたが新球団もできたため指名は間違いないという確約はあるのだと思います。
CPBLのレベルもそこまで高い訳ではないため主力として期待されていそうです。

また同じく昨年限り退団した張奕投手も同じパターンでのCPBL入りを目指していますので、両選手共に怪我なく社会人でプレーした上でCPBLに入団し台湾球界を盛り上げて欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スミス投手がMLBレイズとマイナー契約!起用法はどうなる?

IMG_5595

MLB復帰


​​​​一昨年限りで退団したスミス投手がMLBレイズとマイナー契約を結びました
スプリングキャンプには招待選手として参加するようです。

一昨年はライオンズで先発としては結果を残せなかったもののリリーフとして大型契約を提示されていましたが先発への拘りを見せて退団しKBOに移籍していました。
しかし開幕投手として起用されたもののその試合で故障してしまい契約解除されると、以降はどのリーグでも実戦登板がありませんでした。

仮にライオンズに残留していればティノコ投手の獲得は無かったかもしれませんし、昨年も早い段階で勝ちパターンを固定できていたかもしれません。
しかし先発への未練が残っていればモチベーションも上がらずやはり結果を残せなかった可能性もあります。

オフにはウィンターリーグに参加しておりリリーフとして好投を見せているためおそらくレイズとしてもリリーフとしての獲得ではと思います。
個人的にレイズはMLB好き球団なだけにメジャー昇格を勝ち取り、勝利に貢献して欲しいせし。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


クリスキー投手はMLBレッズとマイナー契約

IMG_5520

MLB復帰


​​​​今季限りで退団したクリスキー投手がMLBレッズと契約を結びました

昨年オフにDeNAを退団した際にはロイヤルズと契約しましたがメジャーでは4試合の登板に留まりました。
その後シーズン中にライオンズに加入すると制球面の不安は露呈したものの終盤にはクローザーを任され7セーブを記録していました。

リリーフ陣が固定できなかった中で契約延長とはならなかったため出来高を巡って確執があったという一部報道がありました。
しかしクリスキー投手自身にMLB復帰の希望があったのかもしれませんし、ライオンズもアブレイユ投手、ヤン投手を獲得した流れを見ると積極的に延長を望まなかったのかもしれません。

来春にはメジャーキャンプに招待選手として参加するようですので猛アピールでメジャー契約を勝ち取って欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


へレラ投手は台湾の味全ドラゴンズと契約!

IMG_5505

台湾球界


​​​​今季限りで退団したへレラ投手が台湾の味全ドラゴンズと契約を結びました

へレラ投手は昨年途中に育成として入団すると二軍のローテーションに定着しました。
今年はWBCに出場した影響したのか中盤までは不安定な投球が続き、後半戦は状態を上げたものの支配下登録はなりませんでした。

投球スタイルとしてはランナーを出しつつも打たせて取る投球で大崩れする事なく試合を作るタイプでした。
しかし球速は140キロ台とやや物足りなさを感じたのも事実です。
二軍のイニングイーターとしては貴重な存在ではありましたが盤石となりつつある一軍先発陣に食い込める程の成長は見込めないという判断で契約延長はならなかったのかもしれません。

それでも投球術には長けているため台湾では先発ローテに定着できる可能性は秘めていると思います。
まだ若いため将来的にMLBに復帰できるようまずは台湾でしっかりと結果を残して欲しいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


ティノコ投手は古巣レンジャースとマイナー契約

IMG_5471

古巣復帰


​​​​今季限りで退団となったティノコ投手がレンジャースとマイナー契約を結んだようです。

ティノコ投手にとっては2022年に在籍した古巣への復帰となります。
この年はAAAだけでなくメジャーでも17試合に登板するなどまずまずの結果を残していました。

しかしライオンズでは無駄な四球を与えたり、ランナーを背負うと連打を浴びる傾向にあるなど安定した結果を残す事ができませんでした。
2022年のメジャーでの結果と比べると奪三振率はほぼ変わらない一方でやはり与四球や被安打率が悪化したため日本のマウンドやボールが持ち球のツーシームなどに合わなかったのかもしれません。

陽気で性格も良い選手だっただけにライオンズで活躍できなかったのは残念ですが来季はまたメジャーの舞台で好投を見せてくれる事を期待したいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。
カテゴリー
お問い合わせ
PVアクセスランキング にほんブログ村